稀勢の里が名古屋場所休場で引退の可能性は?けがの症状や完治は?

この記事は4分で読めます

こんにちは!ricoママです。
連日、熱戦が繰り広げられている
大相撲名古屋場所ですが
名古屋場所6日目から
横綱稀勢の里の休場が
発表になりました。

 
5日目の勢との対戦で
黒星を喫した稀勢の里ですが
控え室に引き上げる際の映像で
足を引きずっていたのが
気になりました・・・
 
日本相撲協会の公式ツイッターによると
左足関節靭帯損傷」との診断結果により
休場するとのこと。
 
春場所からけがをしている
左腕あたりのけががの状態も
心配される中
今度は左足の負傷・・・
 
稀勢の里はけがが少ない力士として
名前が上がっていたにも関わらず
晴れて横綱に昇進してからは
春場所は奇跡の逆転優勝を遂げたものの
5月場所、名古屋場所と
休場に追い込まれるといった
不甲斐ない土俵が続いています。
 
もちろん、一番辛いのは
稀勢の里本人だと思いますが
一相撲ファンとしても
ようやく誕生した日本人横綱の
活躍が見れないのは
本当に残念です・・・
 
稀勢の里は相撲を見に来てくれる
お客さんのために
春場所はけがを押して
強行とも言える出場で
逆転優勝を成し遂げました。
 
そんな稀勢の里に
感動の声が鳴り止まなかったのは
事実ですが
けがを押しての出場の代償は
二場所連続の休場という
力士にとって致命的なものと
なってしまいました・・・
 
二場所連続の休場となった
稀勢の里に
「引退」という言葉が
ちらつき始めたのも事実です。
 
苦労して横綱になったからこそ
1場所でも多く
横綱として相撲を取ってもらいたい!
私もそう願う一人です。
 
稀勢の里が引退してしまうのでは?
という声があったので
私自身、不本意ではありますが
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


稀勢の里が名古屋場所休場で引退の可能性は?

稀勢の里は横綱に昇進してから

二場所連続で

休場に追い込まれました。

 

横綱の休場が続くと

「引退」という言葉が

囁かれ始めます。

 

今場所は横綱鶴竜が

名古屋場所3日目から

休場しています。

 

鶴竜も進退が問われる事態となり

来場所の相撲次第では

引退となる可能性が出てきました。

 

稀勢の里もけがをしたとはいえ

15日間の土俵を務められないのは

横綱としての素質が問われることになります。

 

横綱は番付が落ちない分

土俵に立てない状態が続くと

「横綱にふさわしくない」ということで

引退を勧告されることになります。

 

苦労して横綱になったのに

引退をせざるを得なくなるなんて

勝負の世界は厳しいですよね・・・

 

もちろん、私自身も

稀勢の里には1場所でも多く

相撲を取ってもらいたいです。

 

もう一度、稀勢の里の優勝が

見たいです!

 

ただ、力士とはいえ

常にけがとの戦いでもあります。

 

けがをしにくい体づくりをするのは

もちろんのこと

けがをしてもすぐに治すことも

大事な要素になっています。

 

稀勢の里が春場所に

強行で出場したのは

「見にくるお客さんのために」と

観客を思っての出場でした。

 

その稀勢の里の思いそのものは

ファンとしてもありがたい限りなのですが

やはり、けがをきちんと治療して

次の秋場所に臨んでもらいたいですよね。

 

もし、次の秋場所でも

休場ということになれば

その時は間違いなく

「引退」が勧告されるものと

思われますので

秋場所では完全復活を遂げた

稀勢の里の姿を

楽しみにしたいところです!

 

稀勢の里のけがの症状は?

今回、稀勢の里が負傷した

「左足関節靭帯損傷」ですが

約3週間の安静加療を要する

との診断結果が出ています。

 

稀勢の里が以前からけがをしている

左腕あたりですが

今場所の取組を見ている限り

左腕がうまく使えていない様子が

目に留まりました。

 

稀勢の里といえば

「得意の左」と言われるほど

左四つを取る力強い相撲が

魅力の力士でもあります。

 

その得意の左を

今場所でも若干

かばっているようにも見えていたので

まだ万全の状態では

ないものと思われます。

 

一度の大怪我が

力士人生を縮めると言われる例として

「鬼の形相」で優勝した

横綱・貴乃花の姿を思い浮かべます。

 

貴乃花も、その時は

膝の半月板損傷という大怪我を負いながら

優勝しました。

 

しかし、その時のけがが原因で

力士生命を短くしたとも

言われています。

 

稀勢の里の逆転優勝も

相撲史に残る偉業ですが

そのけがが原因で

横綱の地位が短命になってしまうことは

避けてもらいたいと思うので

けがをしっかり治して

力強い横綱土俵を

見せてもらいたいですね。

スポンサードリンク


稀勢の里のけがの完治は?

ネット上でも

「稀勢の里のけがって完治してないの?」

という声が上がっていました。

 

今回の名古屋場所の休場は

今まで痛めていた左腕ではなく

左足首の損傷ということで

休場に至りました。

 

「怪我が怪我を呼んだ」という声も

上がっていたのですが

怪我をしている箇所をかばうあまり

他の場所を怪我するということも

多々ありますよね。

 

力士と怪我は

切ってもきれない関係ですが

常に戦いの世界にいるので

完治ということも

難しいのかなと思います・・・

 

ただ、このまま完治しないままでは

本場所で出場しても

すぐに休場ということにもなりますので

今のけがをしっかり治すことが

今の稀勢の里にとって

大事な仕事なのではないでしょうか。

 

今場所の初日に

御嶽海戦で敗れた稀勢の里に

「15日間相撲を取り続けられるのかね」と

正面の解説でコメントをされていた

北の富士さん。

 

その北の富士さんの予想通りの

展開となってしまいましたが

稀勢の里には万全の体制で

また秋場所に期待したいと思います。

 



稀勢の里の休場について

まとめてきましたが

稀勢の里の休場に続き

大関照ノ富士も

休場となってしまいました・・・

 

上位陣の相次ぐ休場に

名古屋場所を楽しみにしていた

お客さんたちの残念な声が

聞こえてきそうな勢いですが

横綱白鵬の通算最多勝利の記録を

超えることができるのか

そして、白鵬の連続優勝なるのか

まだまだ優勝の行方も分かりません。

 

名古屋場所の展開を楽しみに

暑い夏を乗り切りたいと思います☆

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1