オリンピックのメダルの値段はいくら?ミヤネ屋で話題に!

この記事は3分で読めます

10月12日のミヤネ屋で

元スピードスケートの選手で

オリンピックメダリストの

「清水宏保」さんの自宅を公開しており、

 

清水さんの獲得した

オリンピックメダルの

お値段はいくらなのかを

鑑定するという

気になる話題が

放送されていました。

 

それぞれの成分を分析をして

プロの鑑定士が

値段を付けていたのですが

驚くべき事実が

出てきました!

 

スポンサードリンク


 

オリンピックのメダルのお値段はいくら?

清水宏保さんは

選手時代に

長野オリンピックで

金1個、銅1個

ソルトレイクシティオリンピックで

銀1個の

合計3個のメダルを

獲得しています。

 

ミヤネ屋では

銅メダルの鑑定から進めて

ましたが、

 

銅メダルの鑑定金額は

ケース込みで

「10円」

という衝撃的な金額!!

 

放送を見ていた私も

「え~!!」と大声を

張り上げました。

 

しかも、10円の内訳は

ケースが10円とのことで

銅メダルそのものの価値は

なんと0円ということでした・・・

 

この鑑定結果ですが

銅は安く取引されている為

お金の価値としてはほどんど

ないとのことでした。

 

番組内で清水さんも

「銅メダルを取った選手たちの

ショックは図りしれない」と

おっしゃっていましたが

ほんとその通りですよね・・・

 

続いて銀メダルのお値段ですが

鑑定結果は

「2万円」

でした。

 

そして、大ボスともいえる

金メダルのお値段は

「1万円」

という結果に!

 

金メダルより銀メダルの方が

高いのにも驚きでした・・・

 

ただし、今明記した

メダルの鑑定金額は

あくまでも「メダルそのもの」の

お値段ということで

 

番組では

「付加価値をつけて再鑑定する」

という企画が引き続き

行われていました。

 

スポンサードリンク


 

清水宏保選手のメダルの鑑定金額は?

清水宏保さんの

選手時代の付加価値を付けての

メダルの再鑑定ということで

今度はスポーツ鑑定士の元に

メダルを持っていっていました。

 

メダルに付加価値をつけた

お値段ですが

 

【金メダル】

1万円 → 200万円

【銀メダル】

2万円 → 70万円

【銅メダル】

0円 → 30万円

 

合計300万円という

鑑定結果が出たことに

清水宏保さんも

安堵の表情を浮かべていました。

 

清水宏保さんは

日本スピードスケート界で

始めてメダルを取った選手と

いうことで

獲得したメダルの付加価値も

高く付いているとのことでした。

 

ちなみに、

清水さんがもし

今現在、現役の選手

だったとしたら

清水さんの獲得した

金メダルは

なんと1000万円の

価値があったそうです。

 

今回の鑑定結果で

誰よりも衝撃を受けたのは

オリンピックでメダルを

獲得するために

あらゆるものを犠牲にして

血の滲む努力を何年も

続けられた

清水宏保さんご自身ですよね。

 

番組の企画の最後には

鑑定士がメダルの査定金額の

300万円を出してきて

清水さんに「メダルを売りますか?」

と迫っていました。

 

清水さんは毅然と「売りません」と

言われていましたが

メダルを獲得するまでの

経緯を考えたら

当然の結論ですよね。

 

今回、メダルの値段を鑑定する

という企画に応じた

清水宏保さんの懐の深さを

放送を見ながら

しみじみ実感しました☆

 

これからも、獲得した

メダルを大切に

されていくことでしょうね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1