ブラックリベンジ(ドラマ)の最終回ネタバレは?あらすじや原作も!

この記事は8分で読めます

こんにちは!ricoママです。
長かった夏休みも
間もなく終わり・・・
 
息子が幼稚園に行く前までは
毎日が夏休みのような日々を
過ごしていましたが(^_^;)
 
幼稚園に行くようになると
四六時中、息子と一緒にいるので
 
「早く幼稚園始まらないかな〜」と思う
ママたちの気持ちが
分かりました(^_^;)
 
あとは、新学期に来るであろう
「幼稚園渋り」が
若干心配なんですが・・・
 
元気よく息子を送り出せるように
母親としても準備をしなければです!
 
さて、今朝は早起きして
ネットを見てみると
女優の木村多江さん主演の
ブラックリベンジ」が
10月ドラマとしてスタートする
との速報が流れていました。
 
スキャンダルで復讐する記者役」として
木村多江さんが演じるとのことなので
かなりハードな内容になりそうだな〜と
今からワクワクしています☆
 
【追記です】
10月からスタートした
『ブラックリベンジ』ですが
 
主役の沙織役を演じる
木村多江さんの
妖艶かつ狂気に近い演技に
木村多江が怖い」と
話題が集まっています。
 
今まで、幸薄い女優と呼ばれていた
木村多江さんですが
 
今回の沙織役は
新たな新境地を開いた
「新生・木村多江」と言っても
過言ではないのかなと思うくらい
 
相手をどん底に突き落とす際に
ダメ推しで放たれる
骨の髄まで炎上しなさい
というセリフが
見ている側をもゾクッとさせています。
 
番組が始まってからの情報も踏まえて
情報を更新していきたいと思います。
 

スポンサードリンク


ドラマ「ブラックリベンジ」の最終回ネタバレは?

本作のテーマは、スキャンダル。今、最も世間を魅了している週刊誌の世界を舞台に、かつて夫をスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者・沙織(木村多江)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。さらに、それだけにはとどまらない予測不可能なジェットコースターストーリーを展開する。

引用:model press
 
人気週刊誌『週刊星流』の契約ライターとして
数多くのスキャンダルをスクープしている
木村多江さん演じる沙織。
 
亡き夫である圭吾を陥れた者たちを
復讐するために
ありとあらゆる手段を使って
 
地獄の底に突き落とす役どころに
毎回ドキドキしながら見ています。
 
気になる最終回ですが
 
先日、木村多江さんが
「悪女役が私生活に影響」している
というニュースが出ており
 
その中で、「ブラックリベンジ」の
今後の展開について
蟻地獄を眺めている役だと思っていたら
後半を撮っている今は蟻地獄にいる。
復讐劇の本当に意味を知るところまで来ています

というコメントを出されていました。
 
現段階では
亡き夫を陥れた
 
塚本修二郎(神尾佑)
愛原サユミ(芹那)
南條夕子(横山めぐみ)
 
の3人に対する復讐劇が
繰り広げられています。
 
1話ずつ、確実に復讐を
成し遂げているので
単純に考えると
3話で復讐劇は終わってしまいます・・・
 
最終回ネタバレですが
先ほど掲載した
木村多江さんのコメントから
推察すると
 
復讐した相手から
今度は反逆されるのでは?
単純に考えて見たのですが・・・
それだとありきたりすぎますよね(^_^;)
 
DAIGOさん演じる便利屋の城田が
沙織を恐喝する
していたのですが
 
ビルの屋上から
謎の転落死を遂げてしまいます・・・
 
城田が何者かに
殺害されたのか
 
そのあたりの伏線も
どのように回収されるのでしょうか・・・
 
また、破滅させた南條夕子から
新たな黒幕の存在を聞かされます。
 
その黒幕は何と
福島勲編集長
 
沙織の夫を死に追いやった
スキャンダルをでっち上げた黒幕として
南條夕子から聞かされた沙織は
部屋の壁に新たに
福島編集長の写真を貼りました。
 
福島編集長にするべく
過去の捏造を暴いた記事を
天満にすり替えるよう
お願いした沙織でしたが
 
すり替わった記事が
全く別の記事に変わっていました・・・
 
その記事にはなんと
圭吾と妹の綾子が
「不倫関係」にあった
という内容。
 
6話の予告では
沙織と綾子が激しく言い合うシーンが
出ていました。
 
夫と実の妹が
不倫関係にあったとすると
 
今の沙織の精神状態では
とても受け止めることは
困難ですよね・・・
 
そして、カウンセラーの朱里が
所々でアップで映るので
 
全ての黒幕が
朱里なのではないか
個人的に予想しています。
 
が、その予想が
的中しましたね〜(^_^;)
 
福島を破滅に追いやり
その福島から
 
夫の圭吾の
捏造の記事の
タレコミをして来たのは
 
糸賀朱里だった
 
ことを聞かされた沙織。
 
そして、福島は
その衝撃の事実を告げた後
 
ビルの上から
自ら飛び降りてしまいました。
 
俺はお前に殺されたんだ
 
という言葉を残して
福島が自殺するシーンは
 
「えっ!?えっ!?」と
理解するのに
しばらく時間がかかったほど
衝撃的でした・・・
 
そして、全てを成し遂げた沙織は
朱里の元に向かいます。
 
圭吾の捏造の記事は
25年前の復讐だった

 
ことが、少しずつ
見えて来ていました。
 
25年前、
沙織こと、美幸と
朱里こと、灯里は
同じ中学校の同級生
 
そして、灯里は
同じ同級生であった玲奈と
キスを交わす関係」。
 
その二人のキスシーンを
美幸が見たことが
 
復讐の始まりだった
 
ことが明かされました。
 
結局、朱里は
玲奈と同じように
中学校の屋上から
飛び降り自殺を計りました。
 
そして、残された沙織は
綾子と圭吾の間にできた
悠斗と共に暮らしていくことで
 
「復讐の中に生き続ける」
ことになったのです。
 
朱里に殺められて
そのまま最終回!

 
なんていうバットエンドも
あり得るなと思ったのですが
 
その終わり方だと
私をはじめ、多くの視聴者は
納得しなかったです。
 
沙織は、復讐の中に生き続ける
 
これこそが
ブラックリベンジの最終回に
ふさわしいなと思いました。
 
【ブラックリベンジ、huluにて全話放送中!】


 
骨の髄まで炎上しなさい
という決め台詞は
最後には沙織の元に
届いたということですかね。
 
そして、最終回のラストで
またまた衝撃の事実が!!
 
飛び降り自殺を測った
福島編集長が
 
なんと生きていました!!
 
これには
おったまびっくり!!
 
福島編集長の復讐劇が
始まるのかと思いきや
 
飛び降り自殺の後遺症か
足をひきづっていましたね。
 
最後の最後に
福島編集長が出てきたので
「ほんとしぶといな〜」と
思わず笑ってしまいましたが(^_^;)
 
福島編集長はこれから
どんな道を辿るんですかね〜
 
そして、このドラマは
オープニングの曲をはじめ
 
心理的に追い込んでくるような
音響効果も
魅力の一つなのかなと思いました。
 


 
今回のドラマは

「日テレ系新プラチナイト木曜ドラマ枠」

ということで深夜枠なので

 

内容もかなり過激になっているので

木村多江さんの演技力も

さることながら

 

復讐相手をじわじわ追い詰めていく

ストーリーにも

話題が集まっています。

 

木村多江さんのご家族からも

「怖い」と言われたとのことですが

 

悪女役が板についてるということで

女優冥利に尽きるといった

ところでしょうか。

 

今回のドラマを通して

「幸薄い女優」から

「悪女を演じたら右に出るものはいない」と

木村多江さんの評判も

上がりそうですね!

 

ブラックリベンジのあらすじは?

新ドラマ「ブラックリベンジ」の

あらすじですが

番組公式サイトでは

「目には目を、スキャンダルにはスキャンダルを」

と、スキャンダルを使って

人を陥れる様子を

文字で表しています。

 

ドラマの中では

高橋光臣さん演じる

夫の圭吾が

「私ははめられたんだ」という言葉を残し

マンションのベランダから飛び降りるシーン

流れますが

 

あまりのリアルさに

毎回見るたびに背筋が凍ってしまいます・・・

 

圭吾の最後の映像ですが

差出人不明ということで

沙織の元に届けられたのですが

 

沙織のカウンセラーである

鈴木砂羽さん演じる朱里のPCに

圭吾の映像が残されているシーンが

随所に出てきます。

 

沙織の妹、綾子の紹介で

朱里の元を訪れるようになった

沙織ですが

 

朱里の前で

復讐を成し遂げた快感を

抑えきれない沙織の様子を

優しく見守る朱里が

不気味に映ります。

 

圭吾の最後の映像を送った主が

朱里だとするならば

沙織の復讐劇は

元を辿れば朱里が

全て仕組んだことなのでしょうか・・・


 

「沙織の暴走を止めて欲しい」と

高槻が朱里の元を訪れて

頭を下げていたのですが

 

その時に

人のことを心配するより

自分の心配をした方が

いいんじゃないの
」と

冷たく言い放っていました。

 

今まで、沙織の情報元として

尽くしてきた高槻ですが

 

自分の心配をしなければいけないことが

あるのでしょうか・・・

 

ブラックリベンジでは

ハードな内容が描かれているため

個性的な演者さんが

たくさん出演されています。

 

個人的には、南條夕子役の

横山めぐみさんの妖艶ぶりは

ほんと健在だな〜と思いました♪

 

若いメンズを侍らせているシーンは

叶姉妹を連想させるような

印象を与えてくれました。

 

実際の行為のシーンはなかったですが

深夜枠にふさわしく

生々しさがリアルに伝わってきましたね!

 

そして、第4話で

南條夕子が会員制のクラブを

経営していることを突き止められ

スキンヘッドの秘書に向かって

このハゲー!!」発言が

飛び出していましたね(^_^;)

 

このセリフを世に流行らせた某元議員は

今回の衆議院選挙で

敗北となりましたが

 

ドラマにセリフを入れ込んでくるあたり

ハゲ発言の影響は

まだまだ衰えそうにないですね〜

 

沙織を演じる木村多江さんの

じわじわと追い詰めていく心理戦が

見事に描かれた

「ブラックリベンジ」。

 

最終回まで

目が離せない展開ですね!

スポンサードリンク


ブラックリベンジの原作は?

10月の新ドラマ

「ブラックリベンジ」ですが

原作があるのか調べてみたところ

詳細な情報は得られずでした。

 

情報がないということは

おそらく原作はなく

オリジナルドラマであると

思われます。

 

不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、今世間を騒がせているスキャンダルのエッセンスを取り入れ、生々しくゲスな人間の本性を赤裸々に描き出す。元「週刊文春」のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎氏が本作の監修を務め、スキャンダルの裏側をリアルに描写。劇中ではスクープ獲得のために記者が駆使する驚くべきテクニックが披露され、視聴者の興味を引く内容が盛り込まれる。

 
引用:model press
 
今、世間で「文春砲」という言葉を
よく耳にしますが
 
元週刊文春のエース記者だった
中村竜太郎氏
監修を務められるとあって
 
スキャンダルを追いかける記者が
どのように動いて情報を得るのか
かなり詳細に描かれており
 
逆に、芸能人に対して
ネタバレをしちゃっている状態なので
ある意味「大丈夫なのか」と
若干心配になりました(^_^;)
 
個人的には、第2話の
芹那さん演じる愛原サユミの
スキャンダルを掴むために
 
5000件にも及ぶ
インスタグラムの写真を
全て洗い出し
そこからスキャンダルを追っていく手法は
かなり衝撃を受けました。
 
大きなスキャンダルを取るためには
地道な作業が欠かせないというのを
改めて実感しました・・・
 
今回の「ブラックリベンジ」は
「スキャンダルをスクープされないためには
どうしたらいいか」という
芸能人側にもある意味参考になる
内容になるかもしれないな〜と
個人的に思いました♪
 
また、他の出演者の方々ですが
・佐藤二朗・・・福島勲(「週刊星流」編集長)
・平山浩行・・・天満龍二(「週刊星流」デスク)
・堀井新太・・・高槻裕也(圭吾の元秘書)
・岡野真也・・・芦原咲良(「週刊星流」新入社員)
・中村映里子・・・石山綾子(沙織の妹)
・鈴木砂羽・・・糸賀朱里(沙織のカウンセラー)
と、豪華な顔ぶれが揃っています!
 
佐藤二朗さんは
今期のドラマ「過保護のカホコ」にも出演され
毎シーズンのドラマには
欠かせない俳優さんですよね!
 
また、お笑い芸人の「カミナリ」の二人も
「週刊星流」の編集部員として
出演していますが
 
毎回、漫才でもお馴染みの
「フルスイング」ツッコミを
披露しているところも
ハードなドラマのいい潤滑油に
なっています。
 
佐藤二朗さんや他の出演者が
どのような役柄で演じられるのかも
楽しみですね!
 


新ドラマ「ブラックリベンジ」について
まとめてきましたが
深夜枠のドラマも
外せないですよね〜!
 
秋の夜長を楽しめるドラマに
出会えることを
残暑の厳しい今の時期から
心待ちにしたいと思います!
 
最後までお読みいただき
ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1