箱根駅伝2019復路の結果は?区間賞やシード権争い速報まとめ!

この記事は4分で読めます

こんにちは!ricoママです。
毎年お正月の恒例
箱根駅伝2019』の開催が
近づいて来ました!
 
今回の箱根駅伝は
第95回」の記念大会になるため
 
出場校も例年よりも2校多い
22校』で争われます!
 
青山学院大学・5連覇達成
の偉業を成し遂げるかどうか。
 
その歴史的瞬間に立ち会えるかどうかは
復路の結果で決まってきます。
 
箱根駅伝2019の復路の結果
そして、2校増えたことによ
例年以上に激しい戦いが予想される
シード権争いについても
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


箱根駅伝2019の往路の結果は?

箱根駅伝2019の復路ですが

往路の優勝校が後続に

どこまで差を付けれるかが

勝負の鍵となってきます。

 

箱根駅伝2019の復路結果は随時更新します!

 

前回の箱根駅伝2018では

往路の優勝は

東洋大学

でした。

 

東洋大学の今西俊介選手が

トップバッターで6区のスタートを切りましたが

 

2位スタートの青山学院大学

小野田勇次選手が

山下りの神」と言っても過言ではない

驚異的なスピードで

6区の区間賞を獲得しました。

 

青山学院大学は

復路の各区間をそのままトップで通過し

箱根駅伝4連覇を達成しました!

 

 

箱根駅伝の復路のですが

結果が左右される区間として

6区

9区

10区

が重要視されています。

 

まず、6区ですが

山登りの5区とは正反対の

山下りのコース。

 

想像以上に下りの負荷がかかるので

上位の選手とは大差が付きます。

また、終盤には平地のコースも用意され

足が止まってしまう選手も見受けられます。

 

そして、往路の長距離区間である9区。

復路最長のコースで、まさにエース区間で

横浜市街に入る前の権田坂の下りは

注目ポイントの一つです。

 

四連覇中の青山学院大学は

9区まで来る頃には

ほぼ独走状態となっているので

一気に駆け抜ける姿が印象的ですね。

 

そして、復路のラスト

箱根駅伝のラストである10区。

 

各校とも、箱根駅伝の集大成を飾るべく

アンカーが力一杯駆け抜けるので

観客ももっとも多い区間です。

 

優勝の瞬間を見届けると共に

熾烈な争いになるシード権の結果も

気になるところですよね!

 

 

【参考: 箱根駅伝2018復路結果

参考までに、前回大会の

復路の結果をまとめました。

 

1位:青山学院大学

2位:東京大学

3位:日本体育大学

4位:東海大学

5位:法政大学

6位:帝京大学

7位:早稲田大学

8位:城西大学

9位:神奈川大学

10位:駒澤大学

11位:拓殖大学

12位:中央学院大学

13位:順天堂大学

14位:國學院大学

15位:東京国際大学

16位:大東文化大学

17位:国士舘大学

18位:中央大学

19位:山梨学院大学

20位:上武大学

OP:関東学生連合

 

 

繰り上げスタートなどのタイム差がある関係で

復路の結果と総合順位が違うため

シード権争いも最後まで見ないと

結果が分かりません。

 

箱根駅伝を走る選手

特に四年生は大学での陸上生活の

集大成となりますので

 

選手一人一人のドラマに

胸に込み上げて来るものがありますね・・・

 

刻一刻と迫る本番を

待ちたいと思います。

 

箱根駅伝往路の区間賞は?

箱根駅伝の順位と共に

注目されるのが 区間賞

 

区間賞とは、駅伝のそれぞれの区間で

一番早いタイムで走った選手に贈られます。

 

【参考: 箱根駅伝2018の復路の区間賞結果

6区:小野田勇次(青学大)・・・58.03.

7区:林奎介(青学大)・・・1.02.16.(区間新)

8区:下田裕太(青学大)・・・1.04.46.

9区:清水歓太(早稲田大)・・・1.10.39.

10区:小笹椋(東洋大)・・・1.11.09.

 

 

箱根駅伝の復路の区間賞で

もっとも印象に残ったのが

山下りの6区の 小野田選手。

 

山下りの負荷を物ともしないフォームで

一気に後続との差を開けたスピードが

ほんと圧巻でした!

 

小野田選手は、今大会も

6区を任される可能性が大。

 

二年連続の区間賞を獲得できるのか

その辺りも注目したいと思います。

スポンサードリンク


箱根駅伝2019のシード権争いの結果は?

箱根駅伝の名物の一つである

シード権争い

見どころの一つ!

 

特に、今大会は出場校が2校増えるので

ライバルが増えるというだけでも

選手にとってはプレッシャーになりますよね。

 

 

シード権を獲得できるのは 10位まで

10位以下の大学は

次回の大会は予選会からスタートするので

箱根駅伝に出場し続けるためには

シード権を確実に獲らなければなりません。

 

実際、シード権を獲得できるかは

全体の総合タイムで順位が決まりますが

 

10位までに復路のゴールができるかが

一つの目安になりますね。

 

 

シード権は、四年生の先輩たちが

後に続く後輩たちに残せるもの。

 

箱根駅伝のゴール前では

シード権を獲得した大学と

惜しくもシード権を獲得できなかった大学

それぞれ、選手たちの表情が

大きく違ってきます。

 

ゴール後、大学ごとに

円陣を組んでいる姿が見られますが

 

卒業する四年生が

後輩たちに声をかけているシーンは

いつももらい泣き状態になります・・・

 

というより、

箱根駅伝は2日間とも

私自身は涙腺が緩みっぱなし・・・

 

箱根駅伝の感動を持って

私自身の年明けと言っても

過言ではないです(^_^;)

 

毎年多くの感動を届けてくれる箱根駅伝が

今大会も怪我なく事故なく

選手たちがゴール目指して

襷を繋いでくれることを願うばかりです。

 

 

箱根駅伝の復路優勝は

どの大学の頭上に輝くのか

期待したいと思います☆

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1