三遊亭円歌(落語家)の死因や告別式は?山のあな、あなが流行に!

この記事は2分で読めます

こんにちは!ricoママです。
朝、ネットを見ていると
三遊亭円歌さんの訃報が
飛び込んで来ました。
 
落語界の重鎮、
そして落語協会最高顧問を
務めていた三遊亭円歌さんが
お亡くなりになったということで
朝から話題になっています。
 
今年に入って
著名な方が亡くなられ
訃報が続くのは
本当に寂しい限りですね・・・
 
三遊亭円歌さんの訃報についてですが
現時点では詳細な情報が
発表されていなかったので
気になることをまとめてみました。

スポンサードリンク


三遊亭円歌の亡くなった死因は?

三遊亭円歌さんが亡くなられた死因ですが

速報では詳細が明らかになっていません。

 

三遊亭円歌さんは88歳という

ご高齢でしたが

5月に高座の予定が入っていたので

特に大きな病気を患っていたという情報は

ありませんでした。

 

しかし、入退院を繰り返しながらも

最後まで現役を貫いたとのこと。

 

関係者によると、円歌さんは23日の昼ごろに自宅で容体が急変し、都内の病院に救急搬送されたが帰らぬ人となった。

引用:スポニチアネックス
 
ニュース記事によると
容体が急変したとのことですが
参考までに
高齢者の容体が急変した病名について
調べてみると
誤嚥性肺炎』の病名が
見当たりました。
 
誤嚥性肺炎とは、
細菌が唾液や胃液と一緒に
肺に流れ込んでしまうことで起こる病気とのことで
かかっていることに気づかず
発見が遅れることもあるとのこと。
 
三遊亭円歌さんももしかすると
知らず知らずのうちに
病魔に侵されていた可能性も
否定できませんよね・・・
 
三遊亭円歌さんの死因については
詳細が分かり次第
追記いたします!
 

三遊亭円歌の告別式の日程は?

三遊亭円歌さんの葬儀、告別式の日程ですが

現時点では未定とのこと。

 

三遊亭円歌さんの訃報を受けて

落語界からも衝撃が

走っています・・・

 

2009年にお亡くなりになられた

5代目・三遊亭円楽さんの告別式ですが

後日、お別れの会が開かれ

350人が参列したそうです。

 

その時のお別れの会では

6代目の三遊亭円楽さんが

最後の挨拶を務めましたが

「背負うものが大きい」と

涙ながらに話をされたとのこと。

 

偉大な師匠の死を受け止めるのは

弟子にとっては辛いことですよね・・・

 

三遊亭円歌さんの葬儀や告別式についても

家族葬などが執り行われた後

後日、お別れの会が開かれる

可能性もありますね。

 

詳細が分かり次第

追記いたします!

スポンサードリンク


三遊亭円歌の「山のあな、あな」が流行に!

三遊亭円歌さんというと

「山のあな、あな」が流行したことで

話題になっています。

 

「山のあな、あな」とは

「授業中」という落語の中で

繰り返されたフレーズで

三遊亭円歌さんの名を

落語界に留めたきっかけにもなっています。

 

三遊亭円歌さんは

三遊亭金馬、桂歌丸、三遊亭小円遊(故人)、

三升家勝二(現 三升家小勝)、柳家さん吉、

柳家小きん(現 柳家つば女)、林家木久蔵

らとともに、

笑点メンバーとして大喜利にも参加していましたが

「面白くない」との理由で

後に降板されています。

 

同世代で活躍された桂歌丸さんも

三遊亭円歌の訃報は

寂しい限りですよね・・・

 

桂歌丸さんも現在は

肺炎のため入院されており

症状が心配されますね・・・

 

昭和の落語界を支えた

重鎮が亡くなられたのは

本当に残念です・・・

 

三遊亭円歌さんのご冥福を

お祈りいたします・・・

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

 

【関連記事】

三遊亭円歌(落語家)の結婚した妻や子供は?弟子や現在の活動も!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1