稀勢の里が横綱土俵入り雲龍型を選んだ理由は?歴代横綱もまとめ!

この記事は2分で読めます

こんにちは!ricoママです。
第72代横綱・稀勢の里の誕生に
相撲界のみならず
日本中に旋風が巻き起こっています!
 
新しい横綱が誕生する度に
注目されるのが
「土俵入りの型」ですよね。
 
土俵入りの型は
・雲龍型
・不知火型
の2つがあり
どちらかの型を
力士自身が選ぶことができます。
 
ちなみに、現在の横綱の型は
雲龍型・・・鶴竜
不知火型・・・白鵬・日馬富士
となっており、
本場所で披露される横綱土俵入りは
雲龍型の横綱が1人増えることになります。
 
稀勢の里が選んだのは
雲龍型です。
 
稀勢の里が雲龍型を選んだ理由や
歴代の横綱についても
まとめてみました。

スポンサードリンク


稀勢の里が雲龍型を選んだ理由とは?

稀勢の里が雲龍型を

選んだ理由ですが

 

横綱昇進伝達式後の記者会見で

「小さい頃からの憧れだったので

雲龍型をやりたい」


横綱昇進の口上と同じく

シンプルに理由を述べていました。

 

稀勢の里の師匠である

先代の鳴戸親方であった

横綱隆の里は

土俵入りの型は「不知火型」でした。

 

なので、私も当初は

稀勢の里は師匠と同じ

不知火型を選ぶのかなと思ったのですが

 

稀勢の里も悩んだようですが

雲龍型の横綱として

これから益々精進して

もらいたいと思います!

 

雲龍型の歴代横綱もまとめてみた!

雲龍型を披露していた

歴代横綱ですが

■双葉山

■大鵬

■北の湖

■千代の富士

■貴乃花

など、大横綱と言われた力士が

雲龍型で土俵入りを披露しています。

 

「巨人、大鵬、卵焼き」という言葉は

平成生まれの方も

一度は耳にしたことが

あるのでないでしょうか。

 

昭和の戦後期に

「子供の好きなもの」として

当時の流行語になった言葉ですが

 

大鵬は当時の人気横綱で

幕内優勝回数も32回という

最強の横綱と言っても

過言ではありませんでした。

 

そして、千代の富士も

子供達に大変人気のある

横綱でした。

 

稀勢の里も

「平成の大横綱」と言われるくらい

横綱として頑張ってほしいと思います!

スポンサードリンク


まとめ

相撲界に入門して15年

大関在籍31場所目に

ようやく横綱の地位を手に入れた

新横綱・稀勢の里。

 

今までの苦労が報われたと思いますが

本当の戦いはこれからですよね。

 

横綱として、常に結果を出し続け

土俵で勝ち続けることは

並大抵のことではありません。

 

これからが本当の勝負!との思いで

稀勢の里の活躍に

期待しています!

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1