箱根駅伝2017の山の神は誰?歴代の選手をまとめてみた!

この記事は3分で読めます

毎年、箱根の山を舞台に、熱い戦いが繰り広げられる

箱根駅伝。

2016年の第92回箱根駅伝では、青山学院大学の2連覇で

幕が降りましたが、2017年の第93回箱根駅伝は

青山学院が3連覇なるか、それとも他大学が阻止するのか

全く予想が出来ない展開になっております。

 

そこで、もはや箱根駅伝の代名詞となった

「山の神」について、2017年は誰がなるのか

また、歴代の山の神についても見ていきたいと

思います。

 

スポンサードリンク


 

 

箱根駅伝2017は5区のコースが短縮?

「山の神」を生み出した箱根駅伝5区ですが、

2017年では、コースが短縮

されることになりました。

 

毎年、5区の山登りが勝負を決すると言っても

過言ではなく、タイム差が5分以上開くことも

あり、5区の順位がそのまま後半の順位に繋がる

こともしばしばありました。

 

また、急激な温度変化などにより

選手自身が低体温症などを発症しやすく

選手側の体調管理についても疑問視する

声も上がっていました。

そういった観点を踏まえ、2017年度では

5区のコース変更に至ったようです。

 

その為、4区の距離が延びることになり、

山の神そのものが現れないのでは?

との見方もあります。

 

毎年、山の神が誰なのかを楽しみに

箱根駅伝を観戦した方もいらっしゃるか

と思います。

筆者もその一人です。

しかし、毎年5区で繰り広げられる熱戦は

体調不調で失速する選手を見るたびに

涙が溢れるとともに「無理しないでほしい」

と願ってしまう気持ちも出てきます。

 

コース変更により、今までの5区の熱戦とは

変化することが予測されますが、

5区を走る選手には、体調面でも留意しながら

箱根の山を駆け上がって欲しいと思います。

 

箱根駅伝2017の山の神は誰?

先ほど述べた、5区のコース短縮により

5区の従来の距離が

23.2km → 20.8kmと

2.4km短くなりました。

 

2.4kmというと駅伝では比較的長い距離ですよね。

その為、従来の山の神という存在は

コース変更により、消滅することになりました。

 

ですので、今までは山の神の育成に力を入れていた

各大学も、5区には上りに強い(山に強い)選手を

配置する流れになりそうですね。

 

5区の距離が短くなった分、4区が2.4km延びる

ことになりましたので、2017年以降の箱根駅伝は、

4区でどれだけ山登りの負担を減らすことが

できるか、注目のコースとなりそうですね。

 

とはいえ、コース変更で5区が短縮しても

山を登るコースには変わりないので

「新生山の神」が現れることを期待

したいと思う筆者です。

 

スポンサードリンク


 

歴代の山の神とは?

箱根駅伝の花形コースである5区では

今まで3名の「山の神」と言われた

選手がいます。

 

■初代「山の神」・・・今井正人選手

箱根駅伝では、順天堂大学で5区を走っています。

第81回では11人抜き、第82回では5人抜き、

そして第83回では4分以上の差を縮め、

いずれも首位に立っています。7

今井選手が「山の神」と言われた所以は

今井選手の箱根での激走を見ていたアナウンサーが

思わず「山の神」と叫んだところから来たそうです。

 

■二代目「山の神」・・・柏原竜二選手

東洋大学で大学1年から箱根5区を力走。

山の神という固有名詞を確立させたのが

柏原選手と言っても過言ではありません。

山の神と言えば「柏原」と出てくる人も

多くいらっしゃると思います。

大学4年間、走り続けた5区では

全て区間賞を取っています。

 

■三代目「山の神」・・・神野大地選手

青山学院大学で5区を力走。

二代目柏原が叩き出した区間記録より

20秒ほど早いタイムを出し、箱根の山に

衝撃が始まりました。

名前が「神野」というところから

山の神にふさわしいとの声も上がっています。

そして、箱根駅伝では青山学院完全優勝の

立役者として名が挙がりました。

 

歴代の山の神は、その名にふさわしく

箱根駅伝に長く名前を刻まれることに

なるでしょう!

2017年も、新しい人材が陸続と登場する

であろう箱根駅伝の開催を

今から待ちかまえたいと思います☆

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1