りょう君のジョロキアはどこで買えるの?販売店舗や最安値も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
 
7月2日放送の
激レアさんを連れてきた」で
「触れただけで激痛が走る
超激辛唐辛子を商品化に成功した人」
が出演されていました。
 
商品化に成功した方は
タケウチ(竹内僚)さん」。
 
激辛唐辛子と言われる
ブート・ジョロキアが
 
「商品化」されるまでの
壮絶なストーリーが
紹介されており
 
辛いものが苦手な私には
正直、全く共感できるところが
なかったのですが・・・(^_^;)
 
「ジョロキアンドリーム」を叶えた
タケウチさんが
話題になっています!
 
そして、激辛好きの方は
「ジョロキアってどこで買えるんだろう」
と気になりますよね(^_^;)
 
タケウチさんが商品化した
りょう君のジョロキア」について
情報をまとめてみました。
 
【関連記事】
竹内僚(ジョロキア)の年齢や経歴は?結婚した妻や子供も調査!
 

スポンサードリンク


りょう君のジョロキアはどこで買えるの?

「りょう君のジョロキア」について

調べてみると

 

公式サイトの方で販売中とのこと!

 

りょう君のジョロキア・公式サイト

 

また、ネットでは

3本以上の購入で値引きします!

との情報がありました!

 

→りょう君のジョロキアを割引価格で購入する!

 

【追記です!】

テレビの放送を受けてか

「りょう君のジョロキア」が

軒並み売り切れ状態となっています!

 

どうしても欲しい!という方は

お早めにどうぞ!!

 

→りょう君のジョロキアを今すぐ買う!

 

ちなみに

超激辛唐辛子「ジョロキア」が

どれほどの威力を

持っているかというと・・・

 

ジョロキアが手に触れると

熱湯に入っているような感覚になる


 

ジョロキアが混ざった水が足にかかると

足を切断したくなるぐらい痛い


 

ジョロキアの粉末が風に舞うと

周辺の人たちも犠牲になる


 

なと、開発者のタケウチさん曰く

すぐに「THE END」状態になると

番組でも話されていました(^_^;)

 

 

タケウチさんは昔から

「辛抱王子」というあだ名が付くほど

我慢強い人だったとのこと。

 

辛抱王子の汗と涙の結晶で

ジョロキアは無事に世に送り出され

激辛好きに愛される存在になりました。

 

今回の放送をきっかけに

未だかつてないジョロキアブームが

巻き起こりそうですが

 

激辛が大の苦手の私は

その動向をそっと見守ることしか

できません(^_^;)

 

激辛好きの皆さんも

ジョロキアを過剰摂取して

体調を崩さぬよう

くれぐれもお気をつけてくださいm(_ _)m

 

りょう君のジョロキアの販売店舗は?

りょう君のジョロキアの販売店舗ですが

公式サイト

ネット通販

が主な流通先とのこと。

 

実店舗での販売は

「欠品中」が相次いでいる状態とのことで

 

確実に手に入れたい方は

やはりネット通販が良さそうです。

 

→りょう君のジョロキアを購入する!


 

番組では、ジョロキアの粉末ができるまで

開発者のタケウチさんが

「我慢に我慢をして、耐え忍んで作っている」

様子が紹介されていました。

 

そのおかげか

タケウチさんの収入は

以前働いていた会社員の時よりも

2〜3倍に膨れ上がったそうです!

 

「ジョロキアンドリーム」って

本当にすごいんですね(*^^*)

スポンサードリンク


りょう君のジョロキアの最安値は?

りょう君のジョロキアの最安値ですが

ネット通販だと

「まとめ買い」がお得とのこと!

 

→りょう君のジョロキアをまとめ買いする!

 

番組で度々取り上げられるたびに

すぐに「売り切れになってしまう」

とのことなので

 

「今すぐ欲しい!」という方は

ぜひお早めにお買い求めください!

 

 

「りょう君のジョロキア」の販売店舗について

まとめてきましたが

 

激辛好きの皆さんは

ぜひ一家に一台置いておきたいですよね!

 

今、日本でも激辛ブームなので

ジョロキアのブームも

すぐそこまで来ているかもしれませんね!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1