山内三郎(アーブアイズ)の大学や家族は?経歴や年収についても!

この記事は1分で読めます

こんにちは!ricoママです。
夕方、息子が寝てしまい
1時間ほどで起きたのですが
そこからギャン泣き・・・(>_<)
 
寝起きでぐずることは
よくあることなのですが
赤ちゃんの時以来では?と
思うくらいのけたたましい鳴き声で
とにかく抱っこするしかなく
16kgある息子を
抱き上げました。
 
あまりにも激しい鳴き声なので
どこか痛いのか心配になり
息子に語りかけましたが
何を話しても泣き続ける始末・・・
 
抱っこして揺らしていると
どうやらまだ眠かったようで
抱っこで寝そうだったのですが
 
さすがに16kgを
ずっと抱っこしていると
腕が限界に近づき(^_^;)
 
止む無く下ろすと
泣き声も更に悪化・・・
 
その後、おんぶに切り替えると
ようやく機嫌も直ってきました。
 
その間30分ぐらいは
泣き続けたでしょうか・・・
 
あまりにも激しい泣き方だったので
心配しましたが
大事に至らず良かったです(^_^;)
 
さて、1月14日の
『クロスロード』に
「防犯のプロ」との肩書きを持つ
山内三郎さんが出演されます。
 
「事件、事故を未然に防ぐ」を
コンセプトに
画期的な防犯カメラの開発で
話題になっている山内さん。
 
山内三郎さんについて
気になることをまとめてみました。

スポンサードリンク


山内三郎の出身大学は?

山内三郎さんの出身大学ですが

早稲田大学になります。

 

高校時代は

野球一筋だったという

山内さんですが

 

高校卒業後に二浪して

早稲田大学の第二文学部に入学後

大学でも野球部に入部したとのこと。

 

私も中学、高校と

剣道部に所属して

汗を流した思い出があります。

 

お盆と正月休みしかなく

土日もひたすら部活に

通い続けていたので

部活の思い出は正直

辛い思い出が多いのですが(^_^;)

 

その時に培った体力と忍耐力が

今でも生かされるなと

思うことがあります。

 

「防犯のプロ」と言われる

山内さんも

野球で培った経験を通して

自分の信じた道を貫き通した結果

今の成功があるのではないかと

私自身実感しています。

 

山内三郎の家族は?

山内三郎さんのご家族について

調べてみると

ご本人のFacebookに

娘さんの情報が出ていました。

 

娘さんのお写真などは

掲載されていませんでしたが

一人娘さんのようで

溺愛ぶりが想像できますね(*^^*)

 

山内三郎の経歴は?


名前:山内三郎

生年月日:1965年生まれ

職業:アーブアイズ代表取締役

 

山内さんは警備会社にお勤めだった経験から

万引き犯の行動特性をシステム化して

売り出したのが「サブローくん」です。

 

サブローくんホームページ

 

万引き犯は万引きをしようとする際、通常とは異なる特有の動きをします。その特有の動きを「サブローくんA」が映像を通して解析し、検知すると自動でアラーム信号を立て店員にすばやく教えてくれるので、それをきっかけに不審者に対して「お声かけ」を行い、未然に万引きを抑止することに繋がります。

引用:サブローくんホームページ
 
万引き犯の特有の動きを察知して
その仕組みが組み込まれているなんて
すごいですよね〜!
 
実際に万引きをした場合は
大声を上げることも
必要でしょうが
 
店舗には他のお客様もいるので
万引きなどの事件は
出来ることなら
他のお客様に気づかれないように
したいと思うのが
店舗側の想いなのでは
ないのかなと思います。
 
不審な人に「声がけ」するのは
他の人に悟られない
効果的な方法の一つだと思うので
その辺りの着眼点も
素晴らしいなと思いました!
 

スポンサードリンク

山内三郎の年収についても!

山内三郎さんの懐具合についても

気になったので調べてみましたが

情報は得られませんでした。

 

現在、さらにすごい防犯カメラになる後継機

「アースアイズ」を開発中の山内さん。

 

世界初となる「五感」搭載の防犯ロボットを

開発中とのことで

会社の年商も鰻登りになること

間違いなさそうですよね。

 

そんな山内さんの年収ですが

およそ1000万円は下らないのではと

勝手に予想しています。

 




山内三郎さんについて

まとめてきましたが

 

世界初となる五感搭載の

防犯ロボットに向けて奮闘する

山内さんに密着した様子が

番組内で放送されるとのことです。

 

ロボット開発に情熱を注ぐ

山内さんの出演を

心待ちにしたいと思います☆

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

箱根駅伝・大学駅伝特集

UA-89894003-1