鶴崎修功(東大IQ165の知識王)のwikiや経歴は?進路や彼女も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。

朝晩の冷え込みは

激しくなってきましたが

昨日の広島は25℃という

夏日だったので

せっかく衣替えをしたのに

また半袖を引っ張りだして

きました(^_^;)

 

10月で25℃を超えるなんて

今までありましたかね~

 

まあ、私は寒いのが大の苦手で

冬なんか来なければいいと

思っているので(笑)

 

気温があったかいままなら

大歓迎です♪

 

さて、10月19日放送の

『日本の頭脳No.1決定戦

東大王2016』という

気になる番組が目に入ってきました。

 

日本の最高学府と言われる

東大の真の王者を決めるという

画期的な番組。

 

その出演者を見ていると

「鶴崎修功」さんという

IQ165という

聞いたこともないような

IQの持ち主がとのことで

鶴崎修功さんがどういった

経歴の持ち主か

調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

鶴崎修功のwikiは?

名前:鶴崎修功(つるさき・ひさのり)

学部:東京大学理科Ⅰ類

出身地:鳥取県

 

鶴崎さんについて調べたところ

ご本人が書いたブログが出てました。

 

こちらのブログは

公益財団法人・鳥取県育英会が

運営する『明倫館』という

学生寮のブログになっており、

寮生が日替わりで

ブログを更新している

ようでした。

 

明倫館の場所は

「小田急線成城学園前駅」から

徒歩7分という立地にあり

ホームページで見る限り

とてもきれいな寮だなという

印象を受けました。

 

成城学園前の周辺は

いわゆる「高級住宅街」で

ダウンタウンの浜田雅功さんも

成城学園前の辺りに

豪邸を構えています。

 

学生寮建設の際に

成城学園前に寮を建てるなら

それなりの建物にしないと

外観が損なわれてしまうのでは?

 

な~んて、寮の建設の時に

談義したかは

定かではありませんが(笑)

 

明倫館の外観は

成城学園前の雰囲気にも

負けず劣らない外観では

ないのかなと思いました。

 

話がそれてしまいましたね(^_^;)

失礼しましたm(_ _)m

 

鶴崎修功の経歴は?

鶴崎修功さんの経歴を調べてみると

『平成24年度 科学の甲子園』

鳥取県大会で

見事優勝したチームの一員として

鶴崎修功さんのお名前が

掲載されていました。

 

鶴崎さんは

鳥取西高等学校のチームとして

出場しており、

優勝したチームは

科学の甲子園全国大会に

出場が決まったとのこと。

 

ちなみに、

鶴崎さんが出場した

『第2回 科学の甲子園全国大会』

の結果を見てみると

鳥取西高等学校は

総合5位という結果に!

 

並みいる強豪校の中で

5位に入ったなんて

鳥肌ものでした!

 

IQ165の実力は

すでに高校時代から

健在だったんですね~☆

 

鶴崎修功の進路については?

鶴崎修功さんの進路についてですが

先ほど記述した明倫館のブログによると

「私は3年次から数学科に進みたいと

今は思っています」とのこと。

 

数学科の卒業後の進路について

調べてみたところ

学部卒業後の進路については、半数を超える学生が大学院進学を希望していますが、 一方で、数学科卒業生の採用を希望する官庁・企業は多いです (統計・年金関連、コンピュータ関連会社、金融機関など)。 最近は、数学を必要とする業種がより多様化しつつあります。 学部卒では、コンサルタント会社、修士卒では暗号開発関連などへの就職も最近は見られます。

引用:東京大学理学部数学科HP

 

数学科の卒業後の進路については

大学院進学を希望している学生が

半数以上とのことで

鶴崎さんも、将来的には

大学院を目指されるかも

しれませんね。

 

スポンサードリンク


 

鶴崎修功は彼女はいるの?

IQ165の持ち主である

鶴崎修功さんに彼女がいるのか

気になり、調べてみましたが

確たる情報は得られませんでした。

 

今は勉学第一といった

ところですかね(^_^;)

 

今回の放送を受けて

鶴崎さんの知名度も

ぐっと上がると思うので

鶴崎さんファンが増えるのでは

ないかと思われます。

 

鶴崎修功さんに

スポットを当ててきましたが

東大王2016の栄冠に

輝くのは誰か!?

勝負の行く末が

非常に楽しみですね☆

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1