マダニ感染症で亡くなった女性の居住地は?室内犬の感染の可能性も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
今日は息子の歯科検診と
フッ素の塗布を兼ねて
歯医者に行ってきました。
 
息子の歯科検診は
歯が生え始めた頃から
3〜4ヶ月周期で
診てもらっていましたが
5月に転勤で埼玉に引っ越すことになり
息子の歯科検診も
半年振りくらいになりました。
 
以前いた広島では
乳幼児のフッ素の塗布は
保険の適用外で
実費で払っていたのですが
埼玉はフッ素の塗布も
乳幼児はお金はかからないということで
ありがたい話でした(^_^;)
 
乳幼児の医療費は
市区町村によって
全額負担してもらえるのか
また、対象年齢にも差があるので
全国で一律で
乳幼児の医療費はかからないなど
対策があったらいいな〜と思いました。
 
さて、マダニ感染症にかかった猫に
噛まれた女性が死亡した
という
ショッキングなニュースが
飛び込んできました。
 
このところ、ヒアリの目撃のニュースが
目立っていたので
マダニの存在を
すっかり忘れていたのですが・・・
小さい子供がいる家庭だと
マダニも要注意ですよね・・・
 
今回、マダニ感染症にかかった猫は
野良猫だったということで
ニュースが出ていましたが
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


マダニ感染症で亡くなった女性の居住地は?

今回、マダニ感染症で亡くなった女性ですが

西日本」在住の女性とのことで

発表されています。

 

これまでも、マダニ感染症で亡くなった方の

ニュースを辿ってみると

四国や九州などの

西日本地域を中心に

被害が広がっています。

 

マダニのニュースが出た当時

私も愛媛の松山に住んでいたので

2歳だった息子を連れて

公園などに遊びに行くのを

控えた経験があります。

 

今回、マダニ感染症で亡くなった

女性の居住地については

現時点では発表されていませんが

西日本全域で

マダニ感染症にかかる可能性は

高いのかなと思っています。

 

西日本在住の方々、また

お盆で帰省される方々も含め

より一層警戒した方が良さそうですね。

 

マダニは主に

「夏から秋」にかけて

活発に活動するとのことなので

お盆の時期はマダニにとって

絶好の季節といったところでしょうか。

 

今年の夏は全国的に

猛暑になるとのことで

天気予報でも言われているのですが

小さい子供がいると

暑い時期は特に

外に出るのが億劫になります・・・

 

真夏の炎天下での外遊びは

熱中症も心配になるので

家にこもりがちになってしまいます・・・

 

特に、埼玉に引っ越してからは

家の中にいても

湿度の高さを感じることが多く

常に水分を取っている状態です。

 

しかし、息子はお茶や水を

飲みたがらないので

牛乳やジュースを

ついつい与えてしまいます・・・

 

夏はマダニなどにも

気をつけると共に

熱中症には十分気を付けたいと思います。

 

室内犬がマダニ感染症に感染する可能性は?

今回、マダニ感染症を発症したのは

野良猫とのことですが

室内犬でも外での散歩の際に

公園や河原など

草むらが多いところを通った時に

マダニに噛まれる可能性はあるとのこと。


 

人がマダニに噛まれた時も

自分で取ろうとはせず

医療機関を受診するように

呼びかけられています。

 

万が一、犬がマダニに噛まれた際も

医療機関を受診した方が良さそうです。

 

大事な家族であるペットに

もしものことがあったら

ご家族も心配ですよね・・・

 

犬がマダニに噛まれた際の

症状を調べてみると

貧血

アレルギー性皮膚炎

ダニ麻痺症

などの症状が出るとのこと。

 

また、マダニ媒介性疾患としては

バベシア症

日本紅斑熱

ライム病

Q熱

・エールリヒア症

など、命に関わる症状を

発症する可能性があります。

 

普段の散歩などで

大事なワンちゃんを守ることは

難しいことかもしれませんが

マダニがいなさそうな場所を

散歩するなど

身の回りで気をつけてあげることが

大事な家族を守ることに

繋がりますよね。

スポンサードリンク


室内犬がマダニに噛まれた際の対処法は?

万が一、大事なペットが

マダニに噛まれた場合は

先ほども記述しましたが

自分で抜かず、動物病院等を受診する

のが一番とのこと。

 

また、テレビのCMでもお馴染みの

フロントラインプラス」という

ノミやマダニを駆除する薬も

効果的とのこと。

 

マダニを見つけたら

一刻も早く取ってあげたいところですが

週末などで動物病院などが

休診の場合は

「フロントラインプラス」などを利用するのも

一つの手段のようです。

 

以前、ワンちゃんを飼っている友人に

「ペット保険に入っていなかったら

夜間診療の料金がすごく高かった」

という話を聞きました。

 

ペット保険という言葉も

この数年で浸透した感じに思うのですが

ペット保険の種類として

「終身保障」について

私個人的にも気になりました。

 

ペット保険の終身保証ですが

以前は終身継続できるものが

少なかったのですが

昨今のニーズに応える感じで

現在のペット保険は

終身保障に対応しているものが

ほとんどだそうです。

 

大切なペットを守る為にも

保障の手厚い保険に

加入したいところですよね。

 

話が本題からそれてしまいましたが

大事なペットがマダニに噛まれないよう

気を付けたいですね。

 



マダニに関して

様々情報をまとめてきましたが

これから夏本番を迎える今

大切なペットと共に

楽しい夏を過ごしたいですね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1