モンゴルに帰れと叫んだ人は特定できる?照ノ富士への相撲ヤジが波紋

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
夕方、ネットを見ていると
『照ノ富士への「モンゴル帰れ」に広がる波紋 相撲協会の対応は?』
というニュースが
目に飛び込んできました。
 
こちらの記事は
先日まで行われていた
大相撲春場所で
照ノ富士と
大関復活を賭けた琴奨菊との
対戦の際に
 
照ノ富士が立ち合いで変化をして
琴奨菊をはたき込みで
破った取組の際に
飛んだヤジとされています。
 
そして、こちらの相撲ヤジは
「ヘイトスピーチ」ではないか?
ということで
ネット上でも話題になっています。
 
私も照ノ富士と琴奨菊の対戦は
テレビで見ていたのですが
こちらの野次には
気づきませんでした・・・
 
琴奨菊はこの対戦で
照ノ富士に勝てば
10勝となり
大関復帰になる取組でした。
 
残念ながら、琴奨菊は敗れ
大関復活とはなりませんでした。
 
この一番については
取組後のブーングが凄まじく
その後に相撲を取った
横綱・日馬富士も
「次の一番のことも考えて欲しい」と
苦言を呈したほどです。
 
今までも、大事な一番での
立ち合いの変化に
ブーイングがあったことはありますが
 
今回はブーイングの域を超えた
「モンゴルに帰れ」との
野次が飛んだとのこと・・・
 
いくら立ち合いの変化をしたとしても
「モンゴルに帰れ」は
無いんじゃないかと
私も一相撲ファンとして
ショックを隠しきれません・・・

スポンサードリンク


モンゴルに帰れと叫んだ人は特定できる?

 

 
今回の相撲ヤジのニュースで
サッカーだと人種差別で
出入り禁止になる
というツイートもありました。
 
相撲中継の放送を見る限り
観客の声がどこから飛んでくるのか
気になって調べてみたところ
音を拾うマイクは
東西南北に下がった房の中に
仕込んである

とのことでした。
 
テレビの中継では
その四方向から拾った音声が
全て流れてくるので
テレビを見る限りでは
ヤジを飛ばした人を特定するのは
難しいのではないかと思います。
 

当の日本相撲協会は今回の差別発言問題をどう捉えているのか。

3月29日、BuzzFeed Newsの取材に応じた協会の広報担当者は「お客様がどのような発言をしたのか、実際の音声を確認していないのでそれ以上は申し上げられない」と答えた。

確認するかどうかにもついては「確認する方法がない」。

差別発言に対して注意喚起をするのか尋ねると、「(観客は)相撲協会のホームページにある観戦に関する規約を守ってほしい」と話す。

差別発言に限った注意喚起をする予定はこの時点ではない。

引用:BuzzFeed Japan
 
今回の相撲ヤジに関して
相撲協会側の見解も
報道されていましたが
 
今回のヤジについては
確認の方法がないとのこと。
 
今後、こういったヤジが
数多く飛んでくるようであれば
相撲協会としても
対策を取らなければ
なりませんよね。
 

照ノ富士への相撲ヤジが波紋に!

 
日本の国技である
相撲であるからこそ
日本人に頑張って欲しい
という気持ちは
確かに強いと思います。
 
特に春場所は
日本人横綱として
19年ぶりに誕生した稀勢の里が
逆転優勝したことで
日本人横綱の活躍が
人々の心を打った
本場所でした。
 
しかし、だからと言って
命懸けで土俵に上がっている力士に
立ち合いの変化をしたからと言って
「モンゴルに帰れ」という言葉は
ひどいのでは?と
私も胸を痛めました・・・
 
相撲というものがどういうものか
今一度徹底される時が
来たのではないかと
個人的に感じました。

スポンサードリンク

まとめ

稀勢の里の逆転優勝で飾った

大相撲春場所ですが

 

喜びの反面

残念なニュースが出たことで

様々な波紋が広がっています。

 

来場所以降は

相撲のヤジがニュースにならないように

願うばかりです・・・

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 名無し
    • 2017年 4月2日

    特定はツイートなどがまず無い、もしくは出来ない限定空間でしたから不可能だと思います。
    今や日本政府が協会に事実確認したことで海外でも大きく取り上げられてしまいました。

    当日国技館にいた方はみな疑われますし、偽者であれ名乗り出ないことには
    ずっと尾を引く問題になってしまうと思います。
    大麻に賭博に不審死に元力士暴力団員逮捕といろいろありましたが、人種差別はそれら以上です。
    外国人観光客への印象を考えれば国技として表に出せなくなりますし
    それを省みず現行の姿勢を続ければ、外国人は力士になることを拒むようになります。

    渦中の方が日本人力士を想っていたと予想できますが、日本人力士が勝てないから悪いのです。
    日本人力士が外国人力士に勝つことと、外国人力士が一人も居なくなって日本人横綱が生まれることは別なのです。

    一番よいのは本物の当人が出てきて、被害者側と和解し沈静化ですが恐らくないでしょう。
    国技館に行くほどのファンならばこのように騒がせた責任をわからないわけはありませんが、
    ご存知のように相撲ファンも日本も世間が狭いのです。
    名乗っても名乗らなくても、二度と国技館には行けなくなりますし日常生活でも指をさされるのは明白です。

    最後に日本政府が動くまで追求や追放などを怠った協会も観客全員も同罪と批判させて頂きます。
    国技である以上、その悪評が海外まで知れ渡った時点で相撲は差別主義者の悪習になったのです。
    いつもそうですが一番の被害者は照ノ富士をはじめとした現役力士たちでしょう。

      • b-dolphin
      • 2017年 4月3日

       当ブログをお読み頂き、ありがとうございます。
      貴重なご意見を頂き、感謝いたします。

      おっしゃるように、日本人力士が強ければ、
      こういった発言はなかったであろうと私も思います。

      また、以前からあるように日本人力士、外国人力士といった表現そのものが
      差別の一つに値するのかなとも思いました。

      相撲を愛するファンの一人として、土俵に上がる力士は
      どこの国籍であれ、全力で相撲を取っている姿を応援したいです。

      おっしゃる通り、照ノ富士や現役の力士たちが一番の被害者であることは明白なので
      こういった発言を生み出さないような対策を
      相撲協会側が一刻も早く取ってもらいたいと切に願います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1