週刊少年ジャンプ42号が売り切れで購入できる店舗はどこ?

この記事は2分で読めます

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

略して「こち亀」が連載40年で完結する

とのニュースが出ました!

筆者も子供の頃、毎週家族で「週刊少年ジャンプ」を

読んできていたので、「こち亀」が終わってしまう

なんて、本当に信じられません・・・

 

「こち亀」は、その時々で流行ったり話題になった

物をいち早く取り入れてストーリーが作られて

いたので、「両さんを見れば世の中の動きが

わかる!」と子供ながらに感じていました。

 

スポンサードリンク


 

週刊少年ジャンプ42号は売り切れ必須?

「こち亀連載終了」と共に発表されたのが

少年ジャンプ42号でこち亀が最終回を迎える

とのことでした。

 

42号を最後に、こち亀が終わってしまうので、

普段ジャンプをコンビニなどで立ち読みする人

なども、こち亀の最終回が載っている!となると

「買っておかないと」と購買意欲を掻き立てられる

のでは?と筆者も考えてしまいます。

 

現在のジャンプの値段は260円。

一般的な雑誌の金額はピンキリですが

大体400円~600円ぐらいです。

雑誌の中でもジャンプの価格は破格と言っても

過言ではないくらい安いですよね。

 

毎週買うとなると、金額も大きくなってきますが、

気になる号だけ買ってみるという方も

多いですよね。

 

少し話が逸れましたが・・・

今回のような特別号で、手に入れたいが

ジャンプが売り切れてしまっていた(>_<)

といった場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

ジャンプが売り切れた場合の購入先は?

過去にも、人気漫画の最終回などが

掲載されたジャンプは、瞬く間に売り切れが

続出していたそうです。

今回、ジャンプ42号には、40年もの間

ジャンプを支え続けた「こち亀」の

最終回が掲載されます。

見るからに売り切れ続出が予想されますね。

 

売り切れたジャンプを手に入れる方法として

■Amazonなどで中古品を購入する

といった方法が上がっていました。

 

Amazonに中古品として

出品されているものですが、

相場で600~700円あたりで出されている

そうなので、かなり割高ですよね(>_<)

 

思い切って購入したものの、届いてみたら

肝心のページが破られていた・・・

なんてこともあり得ますので

どうしても手にいれたい場合は、

発売日に購入するのが一番のようですね。

 

ジャンプが手に入りやすい店舗とは?

ジャンプは毎週月曜日に発売されるのですが

販売される店舗で最速で手に入れやすいのは

コンビニだそうです。

 

コンビニがジャンプを販売する時間ですが

大体のコンビニで日付が変わる深夜12時から

販売されるそうです。

一部のコンビニでは、発売時間が違うところ

もあるそうなので、確認が必要とのことです。

 

ジャンプ42号の発売の際には

深夜12時を過ぎたコンビニから

ジャンプを手にした客が

わんさかと出てきそうですね(^_^;)

 

こち亀騒動で、ジャンプ42号の動向が

気になるところですが、

ぜひ手に入れたい!という方は

早めに購入されることをお勧めします☆

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1