清水健(元アナ)の堺市長選擁立の報道で子供や今後の活動への影響は?

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
今日は午前中から出かける予定があり
息子と一緒に路面電車に乗って
出かけてきました。
 
イヤイヤ期全盛期の時は
お気に入りの電車じゃないと
乗りたくない!と
駄々をこねられて困りましたが(^_^;)
 
3歳を過ぎてからは
駄々をこねることも少なくなり
今では来た電車に
すんなりと乗ってくれるようになったので
助かっています♪
 
広島の路面電車は
大阪や京都で以前使用されていた
古い車両を使っているので
私が住む沿線の方は
新しい車両は1時間に1本来るか来ないかで
ほとんどが古い車両です。
 
電車マニアの間では
広島の路面電車は
古い車両が現役で走っているのが
かなり人気のようで
駅で写真を撮っている姿を
よく見かけます。
 
私は大阪出身なのですが
大阪で路面電車に乗ったことがないので
大阪で走っていた路面電車と言われても
あまりピンと来ないのですが
 
レトロな車両が走っているのって
それだけでも特別な感じがしますね☆
 
さて、大阪つながりといえば
清水健・元アナウンサーについて
「堺市長選に維新が擁立方針を固めた」という
衝撃的なニュースが
飛び込んで来ましたが
 
その後、日本維新の会の松井代表が
「(清水元アナに対して)
政治的オファーは
一切していない」という
一連を否定する発言をされました。
 
清水元アナウンサーというと
2017年1月に情報番組をし
勤務していた読売テレビも
退職されたばかりです。
 
清水元アナの奥様は
2015年2月に29歳という若さで
乳がんで亡くなられました。
 
奥様が亡くなられた後
がん患者や家族への支援活動の一環で
2016年に「一般社団法人清水健基金」を
立ち上げました。
 
清水健基金を通じての活動へ専念する意志や
「子どもとの時間を大切にしたい」という
意向が強いことから
2016年の12月26日の番組内で
番組を降板する旨が
ご本人から伝えられました。
 
私は現在広島に住んでいますが
息子を出産する際に
大阪に里帰り出産で帰省していた時に
毎日清水元アナが出られていた
情報番組を見ていたので
降板のニュースを知った時は
寂しい思いを抱きました。
 
今回の報道を受けて
清水元アナウンサーが受けるであろう
影響などをまとめてみました。

スポンサードリンク


清水健の堺市長選擁立の影響は?

松井氏は大阪府としては、清水氏にがん撲滅関連の講演オファーを出していることを明かしたうえで「僕から直接、(出馬の)話をお願いしたこともない」と述べた。清水氏の近況について「がん撲滅の活動を一生懸命にしておられ、ご本人も講演と子育てで多忙と聞いている」とした。

 松井氏は今後の出馬要請について「ないですね」とし、「ご本人もすごい迷惑でしょう。これで、何か維新と政治的につながりがあるとか思われて、講演活動に支障をきたしたら申し訳ない」と述べた。

引用:デイリースポーツ
 
清水健元アナウンサーも
突然の報道を受けて
ご自身が講演の依頼主などに
謝罪に回っているとのこと。
 
当初、清水元アナがあたかも
堺市長選に擁立するとのニュースが
出て来たので
私自身「どういうこと!?」と
本当に驚いたのですが
それが誤報だったことについては
個人的にはホッとしました。
 
しかし、今回の報道で
清水元アナご自身が
謝罪に回っているということに
憤りを感じずにはいられません。
 
今回の清水元アナに関する報道への影響ですが
ご本人の負担が一日でも早く減るように
祈るばかりです・・・
 

清水健の子供についても!

清水健元アナウンサーのお子さんですが

2014年10月頃に誕生したそうで

現在は2歳過ぎのようですね。

 

 
ご本人のツイッターには
清水元アナのこれからも
まっすぐに進んでいくという
力強いメッセージとともに
かわいいお子さんとのツーショットが
添えられていました。
 
うちの息子もちょうど2歳ぐらいの時に
寝かしつけていると
私の上をゴロゴロを転がり
とにかく重かったです(^_^;)
 
清水元アナにとって
息子さんの存在が
どれほどの力を与えてくれているか
ご本人のツイッターからも
感じられますね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、こんな形で報道されてしまい

ご本人にとっても辛い状況に

なってしまいましたが

 

誰よりも人の痛みが分かる

清水元アナだからこそ

今回の騒動をバネにして

前に進んでいかれることを

私も応援しています!

 

今回の一連の騒動で

清水元アナの心労を思うと

本当に心配ですが・・・

 

お体にもご自愛頂きながら

日々の活動にも

頑張って頂きたいと思います!

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1