柴田崇徳(ロボット開発者)の経歴や年収は?パロの値段についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。

10月も残りわずかとなりましたね~

 

今年もあと2か月で終わりだなんて!

月日の流れに速さに

ついていけてないricoママです(^_^;)

 

先日、郵便局の配達員の方が

荷物を届けてくれた際に

「年賀状」の申し込みチラシを

渡してくれました。

 

(げっ!もう年賀状か~)

と、心の中でつぶやきながら

「年賀状の準備をしないとですね~」

と言って、チラシを受け取りました。

 

年賀状の準備はいつも

ギリギリになってしまうので

今年こそは早く準備しよう!と

決意したricoママでした。

 

さて、10月31日の

『プロフェッショナル』に

ロボット開発者の

「柴田崇徳」さんが

出演されます。

 

今話題になっている

癒し系ロボット『パロ』の

開発者の方で

どういう経歴の持ち主か

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

柴田崇徳の経歴は?

名前:柴田崇徳(しばた・たかのり)

生年月日:1967年

出身地:富山県

出身高校:富山県立砺波高校

出身大学:名古屋大学大学院博士課程電子機械工学専攻修了

研究機関:名古屋大学産業技術総合研究所

 

柴田さんの主な業績として

「人と共存し、相互作用により、

楽しみや安らぎを提供することを目的にする

メンタルコミットロボット」の開発に

日々研究を積み重ねられています。

 

人に癒しを与えてくれる

ロボットといえば

私の中では

『機動戦士ガンダム』に出てくる

「ハロ」です。

thrrrs77pn
ハロみたいなロボットがいたら

かわいいな~なんて

幼な心に思っていたんですが

 

傍にいてくれるだけで

癒されるロボットを

柴田さんは開発されたとのことで

本当に素晴らしい功績だなと

思いました。

 

これからの未来には

一家に一台、ロボットがいるような

時代が近づいてきているかと思うと

ほんとワクワクしますね(*^^*)

 

柴田崇徳の年収は?

柴田崇徳さんの年収についてですが

詳しい情報は分かりませんでした。

 

参考として

ロボット設計技術者の

年収を見てみると

「30代で月収30万円ほどで

年収450万円程度」のようですが

画期的なロボット開発に携わると

臨時ボーナスも入ってくるとか!

 

今年、49歳になられる

柴田さんですが

癒し系ロボット「パロ」の開発などで

臨時ボーナスなども加算されるとなると

年収800万円以上は

下らないのかな~なんて

想像しています。

 

スポンサードリンク


 

癒し系ロボット「パロ」の値段は?

柴田さんが開発した

癒し系ロボット「パロ」ですが

各医療機関などからも

注目を集めています。

 

0002paro-white
 

愛くるしいお顔が

何ともキュートですね~♥

 

写真を見る限り

手触りもよさそうで

我が家にも欲しいくらいです。

 

こちらの「パロ」ですが

Amazonサイトで

453,600円

かなり高価なお値段でした(^_^;)

 

家庭用として

購入するには難しいお値段ですが

世界各国の病院や教育機関などで

子供たちへのセラピーとしても

使用されているとのことです。

 

動物が大好きな子供たちの

たくさんの笑顔を引き出してくれる

「パロ」の存在が

子供たちにとっても

なくてはならないものに

なっているのかと思うと

これほど明るい未来はないな~と

感動しました。

 

プロフェッショナルの放送を受けて

ますます「パロ」の注目が

高まりそうですね!

 

柴田さんにはこれからも

メンタルコミットロボットの

開発に尽力を注いて頂けたらと

思います。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1