カルテット最終回のキャップの女は誰?死と乙女を選曲した理由も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
毎週楽しみにしていた
『カルテット』がついに
終わってしまいましたね〜
 
最終回の冒頭は
真紀がカルテットから
姿を消してから
1年後まで時が進んだ状態で
スタートしていましたが
 
真紀が週刊誌に書かれたり
人目を避けて生活していて
挙句の果てに
弁護士との「コロッケデート」も
スクープされたりと
色々と波乱の幕開けでしたね。
 
最終回の内容がてんこ盛り状態だったので
ドラマについていくのに
必死でしたが(^_^;)
 
カルテット最終回で
気になったことを
まとめてみました。

スポンサードリンク


カルテット最終回のキャップの女は誰?

 

 
以前、カルテットドーナツホールの
演奏を聴いた人から
手紙が届いていたのですが
 
カルテットの4人に対して
「4人の演奏は煙みたいなのに
どうして演奏を続けているのか」という
4人への質問が書かれており
 
ドラマでも、その手紙については
読み上げられただけで
そのまま終わってしまったんですが
 
その手紙の主が
「キャップを被った女」ではないか?

という声がネットでも
上がっていました。
 

 
キャップを被った女性が
主題歌の作詞作曲を担当された
椎名林檎さんなのでは?
という声も上がっていたので
 
私も録画したドラマを
再度見てみましたが
「言われてみれば
椎名林檎さんに似てるな〜」と
思ってしまいました。
 

 
椎名林檎さんと東京事変との絡みを
予想するツイートもあり
謎が謎を呼んでいます・・・
 
私も椎名林檎さんが大好きで
今でもカラオケでよく
椎名林檎さんの曲を歌うのですが
 
東京事変がデビューした時は
とにかく凄い人たちが集まった!
という感じで
かなりの衝撃を受けました。
 
そして、東京事変の解散も
これまたショックを受けました・・・
 
キャップの女性が誰なのか
謎の伏線を残したままという脚本も
色々考えさせられるので
面白いな〜と思いました♪
 
【追記です】
カルテット最終回の
エンドロールを確認したところ
椎名林檎さんのお名前は
ありませんでしたね〜

 
エンドロールで
橘茉希(たちばな・まき)さんの
お名前があったので
お顔を確認して見たところ
顎がシャープな感じが
似ているのかなと思ったので
 
「手紙を書いた女性」役として
橘茉希さんが出演されて
いたのかなと思いました☆
 

カルテット最終回のコンサートで「死と乙女」の選曲理由は?

 
コンサートが始まる直前に
すずめが真紀に
「真紀さん、何でこの曲を
選んだんですか」と
質問をしていたのですが
 
真紀の意味深なセリフで
私の頭の中も?で
溢れました(^_^;)
 
真紀が「内緒」と言ったので
養父が亡くなったのは
真紀が殺したのでは?と
思ったのですが
 
真相は明かされないままでしたね・・・
 
コンサートの1曲目から
すぐにドラクエの曲に変わって言ったので
コンサートの雰囲気も
ガラッと変わりましたが
 
コンサートのシーンも
「カルテットドーナツホール」ここにあり!
と言った感じで
ほんと感動的でした!
 
特に、家森役の高橋一生さんの
汗にまみれたアップのシーンに
胸キュンで打ちのめされました❤︎
 
毎週カルテットを見ながら
高橋一生さんの何とも言えないセクシーさに
アラフォーも大満足!!
 
ネット上でも早くも
「カルテットロス」が叫ばれていますね!

スポンサードリンク

カルテット最終回の感想も!

カルテット最終回が終わってすぐに

リアルタイムを見てみると

センキューパセリ」が

ランキングされていましたね♪

 

色々謎を残したままなのに

最後までぶっこんでくるな〜と

思ったのですが

 

謎だらけの頭の中も

「センキューパセリ」のセリフで

モヤモヤ感が吹っ飛んでいきました(笑)

 

私もこれからパセリを見たら

「センキューパセリ」と

御礼を言うようにします(笑)

 

実力派ぞろいの俳優が揃った

カルテットが終わってしまうのは

本当に寂しいですが・・・

 

火曜日の夜に

素敵な時間を届けてくれて

感謝感謝です☆

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

 

【関連記事】

カルテット9話の加害者の少年は誰?真紀の犯した罪についても!

 

カルテット真紀(松たか子)の正体は何者?本物の早乙女真紀について!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1