大島芳彦(建築家)の結婚した嫁や子供は?経歴や年収についても!

この記事は1分で読めます

こんにちは!ricoママです。
今日の広島はこの冬一番の
大寒波が来たということで
朝から雪がちらつき
風が強くて寒かったです(>_<)
 
私が住んでいる広島市内は
雪が積もることはなかったですが
北日本や東日本では
積雪量がかなり多かったようですね・・・
 
今日は休日だったので
主人に夕飯は何がいいか
相談したところ
「キムチ鍋が食べたい!」という
リクエストがあったので
寒空の中、鍋の具材を買いに
近所のスーパーへ行って来ました。
 
鍋つゆを買おうと
陳列棚を見てみると
キムチ鍋のつゆが売り切れ(>_<)
 
今日は寒かったので
我が家と同じように
キムチ鍋を食べようという
家庭が多かったんでしょうね・・・
 
とりあえず、他に鍋つゆが無いか
探してみると
 
最近はやりの、一人鍋が作れる
キューブ型の鍋の素を発見!
 
白菜を多めにして
キムチ鍋を作ってみると
鍋つゆが薄まって
辛さも抑えられたので
食べやすかったです♪
 
寒い日は鍋が一番ですね〜(^o^)
 
前置きが長くなってしまいましたが(^_^;)
 
1月16日の『プロフェッショナル』に
建築家の大島芳彦さんが
出演されます。
 
古い建物に手を加え、
全く新しい価値を生み出す
「リノベーション」の第一人者としても
話題になっている
大島芳彦さんについて
気になることをまとめてみました。

スポンサードリンク


大島芳彦の結婚した妻や子供は?

大島芳彦さんの奥様について

調べてみたのですが

詳細は分かりませんでした。

 

また、お子さんは

息子さんが二人いらっしゃるとのこと。

 

うちにも3歳の息子がいるので

男の子を育てる大変さは

日々実感しているのですが

 

男の子が二人いると

大変な面もあるでしょうが

賑やかで楽しいですよね〜(^o^)

 

大島さんがお仕事がお忙しい分

奥様が家庭を守られているのかなと

想像しているのですが

 

男の子二人を育てているということで

奥様に尊敬の念を感じています(^o^)

 

大島芳彦の経歴は?


名前:大島芳彦

出身地:東京都新宿区

居住地:東京都中野区

生年月日:1970年生まれ

出身高校:桐朋高校

出身大学:武蔵野美術大学 造形大学

職業:株式会社ブルースタジオ 専務取締役

 

ブルースタジオは

一級建築設計事務所として

1998年に設立。

 

人の生活を豊かにするモノを

デザインする業務の1つとして

2000年よりリノベーション事業を

始動されました。

 

最近、「リノベーション」という言葉を

よく耳にするのですが

古い賃貸物件なども

現在の生活に合わせて

リノベーションされている

物件もありますよね。

 

リノベーションの先駆者として大島が大切にしているのが「人を巻き込み、ともに創りあげる」こと。持て余した古い物件を単におしゃれにするだけでは、早晩「古い物件」に逆戻りする。場の本当の価値を徹底的に掘り起こし、オーナーと住人に、その価値を理解してもらうこと。そのために、幾度となく話し合いを繰り返す。

引用:番組ホームページ
 
物件の本当の価値を
徹底的に掘り起こし
更なる進化を遂げる
大島さんのリノベーション物件。
 
現在、全国各地で
空き家問題が発生していますが
 
もちろん、その全ての物件を
リノベーションすることは
難しいことですが
 
空き家が一つでも多く
リノベーションすることによって
未来の可能性が広がっていくことに
繋がるのではと
想像を膨らませています。

スポンサードリンク

大島芳彦の年収についても!

今や、東京だけでなく

全国各地に飛び回っているという

大島芳彦さん。

 

大島さんの懐具合も

気になるところですよね〜

 

常に20以上のプロジェクトを

抱えているという大島さんなので

忙しさもさることながら

収入面でもうなぎ上りでは

ないでしょうかね〜

 

参考までに

一級建築士の年収を調べてみると

平均年収は644万円とのこと。

 

大島さんは現在手がけている

プロジェクトも多いので

年収は1500〜2000万円

あたりではないかと

予想しています。

 




大島芳彦さんについて

まとめてきましたが

我が家は転勤族なので

今現在は持ち家は

購入できないですが(^_^;)

 

いずれ、機会があれば

大島芳彦さんが手がけられたような

リノベーション物件も

視野に入れながら

夢のマイホームを

手に入れてみたいです(*^^*)

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1