諸見里大介の高校大学や彼女は?吉本新喜劇に入った理由についても!

この記事は4分で読めます

こんにちは!ricoママです。
台風18号の影響で
今日は家にこもりっぱなし・・・
 
台風が来るので
前の日に食材を買い込み
食事の準備☆
 
今日のランチはビーフシチュー
夕食は主人のリクエストで
鍋になりました。
 
土日は主人が息子を連れて
遊びに行くことが多く
夕食も食べて来てくれることが多いので
かなり助かっています(^_^;)
 
今日は久々に
家族揃って食事をしたので
何だか新鮮でした☆
 
これから寒くなって来ると
鍋が美味しい季節になるので
今から鍋つゆを
買い込んでおかないとですね〜
 
夕食の後片付けが終わって
日曜日のアメトーークを見ていたら
『踊りたくない芸人』が登場!
 
私自身もダンスが得意ではないので
笑う資格はないのですが
大爆笑させてもらいました(*^^*)
 
そして、10月8日放送の
アメトーーク2.5時間SPでは
芸人体当たりマン決定戦』に
吉本新喜劇の
諸見里大介が出演します!
 
諸見里大介というと
「滑舌が悪い」のをネタに
以前は「ハム」というコンビを
組んでいました。
 
「ハム」の印象が強かったのに
いつのまにかコンビも解散していて
いつのまにか吉本新喜劇に入っていて
私の中では色々と謎が多い
諸見里大介。
 
そんな諸見里大介について
まとめてみました。

スポンサードリンク


諸見里大介の出身高校大学は?

諸見里大介は沖縄の出身。

出身校ですが

沖縄県立向陽高等学校卒業

琉球大学中退

とのことで

情報が出ていました。

 

琉球大学に進学するも

勉学の意欲が失せて

大学を中退。

 

芸人を志すも父親に反対され

その後、NSCの学費を捻出するために

富山県で季節労働者として働き

200万円を貯めて

大阪に渡ったとのこと。

 

滑舌の悪さから

接客業は難しいでしょうし

富山県で必死に働いて

200万円もの大金を

稼いだんですよね〜

 

「芸人になりたい!」という

夢を諦めない姿に

諸見里大介を

ちょっと見直しました(笑)

 

コンビを組んでいたハム時代は

相方の川見直通が

ネタを書いていたのですが

 

「滑舌が悪い」というネタが

劇場でも飽きられていたことを思って

諸見里から一方的に

コンビ解消を言い渡したそうです。

 

確かに、ハムのネタって

「滑舌が悪くて聞き取れない」

というネタばかりだったな〜と

思い出したのですが

それはそれで

ウケていたとも思います。

 

もし今でもコンビを組んでいたら

若手のホープとして

名前が上がっていたかもしれませんね〜

 

ちなみに、諸見里大介は

NSC27期生ですが

同期というと

 

・ツネ(ザ ツネハッチャン/旧:2700)

・GAG少年楽団

・いがわゆり蚊

 

などがいますが

27期生のメンバーを見ても

諸見里は今では

同期の中でも出世頭です☆

 

「芸人になりたい!」と

努力して200万円を貯めるぐらいの

根性のある人なので

その努力が

実ったんでしょうね(*^^*)

 

諸見里大介は彼女はいるの?

諸見里大介は

1982年7月21日生まれの

現在35歳です。(2017年9月現在)

 

35歳ともなると

結婚していてもおかしくない年齢ですが

結婚のけの字も

聞こえてこない様子・・・

 

彼女についても

確たる情報は得られずでした。

 

滑舌が悪いと

彼女がいても意思の疎通が

難しいかと思うので

彼女とは長続きしない

可能性がありますよね〜

 

諸見里は身長186cm 体重100kgと

体格は大きいので

そばに立つだけでも

威圧感を感じますが(^_^;)

 

身長の低い女性だと

体が大きい人の方が

「守ってくれる」感じが

あるのではないでしょうか。

 

私自身、身長が高いので

身長が高い男性が

憧れではありましたが

 

自分自身が背が高いと

人を見上げる機会が

なかなかなくて(^_^;)

 

背の高い人が横にいると

正直首が痛くなりました(笑)

 

諸見里の体格は

相撲好きの私にとっては

ドンピシャの体格なんですが

 

「彼氏にしたい」というより

「相撲部屋にスカウトしたい」と

思ってしまいますね〜

 

ついつい話が

本題からずれてしまいましたね・・・

失礼しましたm(_ _)m

 

諸見里大介も良い年なので

近々伴侶となる方と

ゴールイン!なんていうことも

あり得るかもしれませんね☆

スポンサードリンク


諸見里大介が吉本新喜劇に入った理由についても!

諸見里大介は

吉本新喜劇座員オーディション2012」で合格

新喜劇へ入団しました。

 

滑舌が悪い諸見里が

吉本新喜劇に入ったことが

不思議で仕方なかったのですが

 

滑舌の悪さが逆に

マンネリ化になりつつある

新喜劇の良いスパイスに

なっているのかもしれませんね。

 

私は昔から

吉本新喜劇のファンで

大阪の実家にいた時は

毎週土曜日に放送されている

吉本新喜劇を見るために

学校が終わってから

急いで帰っていました。

 

私の中での吉本新喜劇の魅力ですが

「毎回同じギャグをやるところ」

が好きですね〜

 

「毎回同じことをやってて

どこがおもろいんや!?」と

父親に言われていましたが

 

その「毎回同じことをやる」ことが

最高に面白くて

毎回笑ってしまいます(^_^;)

 

愛媛や広島にいた時は

西日本に住んでいたからか

毎週土曜日には

吉本新喜劇が放送されていたので

楽しく過ごしていたのですが

 

埼玉に引っ越してからは

土曜日に新喜劇は

放送されないので

非常に寂しい思いをしています・・・

 

またまた話がそれてしまいましたが・・・

 

諸見里大介にはこれから

吉本新喜劇を代表する

芸人になってもらいたいなと

期待しています☆

 



諸見里大介について

まとめてきましたが

『芸人体当たりマン決定戦』では

男らしいところを

見せてくれるのでしょうか?

 

テレビの前で

笑う準備をしながら

放送を待ちたいと思います♪

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1