まりん(中洲派遣キャバ嬢)の年齢や彼氏は?体験入店の時給はいくら?

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
今日は友達が我が家の近くまで
来てくれることになり
久々に会って来ました!
 
5年振りの再会でしたが
話すとお互い変わってなくて
良い意味で安心しました♪
 
大人になるに連れて
昔の友達との音信が
途絶えることもありますが
ずっと変わらない友情を
いつまでも築いていきたいなと思います(^o^)
 
さて、6月17日のマツコ会議で
福岡・中洲のキャバ嬢の派遣会社が
取材されていましたね。
 
取材を受けていた女の子たちは
「店に着くよりも派遣の方が楽」と
口々に言っていましたね。
 
話を聞いていると
確かにノルマもないし
好きな時に入れるので
割の良い仕事だな〜と
思ったのですが
 
派遣の登録の手続きをしている
男性のスタッフさんに
カメラが寄ると
なんと歯がない!!
 
テレビ番組で大阪の新世界が映ると
大体2人ほどは
歯がない方がカメラに映るのですが(^_^;)
 
何かご自身の不注意で
歯がないのか気になったのですが
 
マツコさんが代弁して
そのスタッフの肩に事情を聞いてみると
「お店の女の子とお客さんが揉めて
女の子を助けて歯が折れた」と話されていて
いわゆる名誉の負傷とのことだったんですが
男性のスタッフは
女の子たちと比べると
ほんと命懸けですよね・・・
 
取材を受けていた女の子の中で
「小学校の時から
キャバ嬢になりたいと思っていた」
と言っていたまりんさん。
 
そういやひと昔前に
小学生の女の子のなりたい職業に
「キャバクラ嬢」というのが
上がっていた時代がありましたね。
 
その子たちが
今まさにキャバ嬢をしているなんて
ほんと、時の流れは早いですね(^_^;)
 
そんなまりんさんについて
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


まりんの年齢は?

中洲のキャバ嬢である

まりんさんの年齢ですが

現在20歳とのこと。

 

18歳からキャバ嬢をしていて

2年ほどのキャリアがあるそうで

番組の中でも

「稼ぎ頭」として紹介されていました。

 

そんなまりんさんの夢は

東京のキャバクラで働くこと。

 

東京のお店でまず体験入店をしたいとのことで

番組で密着することが決まりました。

 

中洲のキャバ嬢として働く

20歳の女の子には

東京という街がどのように写ったのか

そのあたりも気になりますね〜

 

まりんは彼氏はいるの?

今回、密着取材を受けていた

まりんさんですが

彼氏がいるのかどうかも

気になったので調べてみましたが

確たる情報は得られませんでした。

 

キャバ嬢の彼氏というと

お店で知り合うことが多いのかなと

思うのですが

キャバ嬢からしたら

客は客にしか見えないのかな〜なんて

思います(^_^;)

 

実際、彼女がキャバ嬢だったら

彼氏も辛いところですよね〜

スポンサードリンク


まりんの体験入店の時給はいくら?

まりんさんが体験入店したお店は

「FOURTY FIVE」という

歌舞伎町にあるお店で

カリスマキャバ嬢としても人気の

愛沢えみりさんも

所蔵しているお店です。

 

まりんさんも愛沢えみりさんの大ファンで

体験入店した際に

愛沢えみりさんと一緒のテーブルになり

お客さんそっちのけで

一人でもりあがっていましたね。

 

体験入店の時の

時給っていくら何だろうと思い

調べて見ると

体験入店の時給は 8000円とのこと!

 

本入店の際は5000円からとなりますが

歌舞伎町の夜の蝶になるには

かなりの努力が必要ですよね。

 

歌舞伎町のキャバ嬢というと

椎名林檎さんの

「歌舞伎町の女王」の歌が

頭に浮かびます。

 

私もこの曲が好きで

よくカラオケで歌うのですが

独特な音程や歌い回しで

カラオケ泣かせの歌でもありますね(笑)

 

なので、私もこの曲は

人前では歌わず

ヒトカラの時に歌って

ストレス発散しています(笑)

 

「歌舞伎町の女王」は

1999年に発売されたのですが

今でも人気のある歌なので

20年近く前にリリースされていたなんて

びっくりでした。

 

それまで、キャバ嬢というと

ダークなイメージがありましたが

この歌をきっかけに

私もキャバ嬢のイメージが

なんとなく身近に感じたように思いました。

 

なので、キャバ嬢のイメージを一新させた

背景の一つに

「歌舞伎町の女王」の歌の存在も

あったのかな〜なんて

思いましたね〜

 

「今夜からはこの街で

娘の私が女王」というフレーズで

この曲は締めくくられますが

何人ものキャバ嬢が

「歌舞伎町の女王」になることを夢見て

世に出て来たのかな〜なんて

今日のマツコ会議を見ながら

ふと思いました。

 

まりんさんもこの曲のように

歌舞伎町の女王となることができるのか

今後の活躍が楽しみですね(*^^*)

 



中洲の派遣キャバ嬢の

まりんさんについて

まとめてきましたが

 

体験入店のVTRでは

現実の厳しさをまざまざと

実感した様子のまりんさんが

映っていましたね。

 

持ち前の明るさが売りのまりんさん。

東京のお店で働くことは

決して容易ではないと思いますが

まりんさんが今後

東京のお店で見かけることができるのか

まりんさんのVTRの続編も

ぜひ見たいところです。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1