倉吉市の停電情報は?地震の被害や今後の余震についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。

10月21日の午後2時7分頃

鳥取県中部を震源とする

震度6弱の地震が発生しました。

 

私がいる広島でも

地震が発生する直前に

緊急地震速報が流れ

その後、横揺れがしばらく続きました。

 

3歳の息子が昼寝に入ったので

息子の上に荷物が落ちないか

気にしていたのですが

幸い、広島は震度4で

上から荷物が落ちるといったことは

我が家ではありませんでした。

 

私の叔母が鳥取におり

すぐ様、叔母に電話をかけたのですが

回線が混乱している為か

繋がらず・・・

 

大阪の実家の方から

叔母に確認を取ってもらったところ

叔母から「無事」との連絡が

ありました。

 

身内の無事が確認できたので

ひとまずは安心したのですが

震度6弱の地震があった

倉吉市の状況はどうなのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

倉吉市の停電情報は?

倉吉市の停電情報ですが

ツイッターの情報の方が早いかと思い

調べたところ

との情報がありました。

 

中国電力の停電情報も

確認してみると

同じく、北栄町の地域で

約800戸の停電が

依然続いているとのことです。

 

倉吉市としては

停電は復旧されている模様ですね。

 

倉吉市の地震の被害状況は?

倉吉市で震度6弱だったとのことで

地震直後からニュースでは

倉吉市の映像が流れています。

 

ツイッターでも

とのことで

観光名所の「白壁土蔵群」の

壁が崩落したとの

情報が寄せられています。

 

また、倉吉市内では

建物が倒壊しているところも

確認されているとのことです。

 

地震発生当時も

白壁土蔵群付近には

観光客がいたそうで

一斉に近くの公園に避難した

との報道が出ていました。

 

観光地で地震にあった方々は

見知らぬ土地での出来事に

不安に苛まれていること

ですよね・・・

 

とにかく、身を安全を

確保して頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

今後の余震の情報は?

地震発生直後から

広島でも揺れを感じるほどの

余震が続いています・・・

 

今後の余震の情報ですが

1週間ほどは強い揺れを含む

余震に警戒が必要とのことです。

 

鳥取県では過去2回に渡り

M7以上の地震を観測している

とのことです。

 

・2000年に鳥取県西部地震(M7・3)

で負傷者141人

・1943年に鳥取地震(M7・2)で

死者1083人、負傷者3259人

 

が発生しているとのこと。

 

地震大国といわれる日本では

震度7レベルの地震は

どこでも起こると言われています。

 

私自身も、今日の地震で

身内の安否確認の電話が繋がらず

パニックに陥りそうになりました。

 

今後の余震の情報を確認しながら

常日頃から地震に備えていかねばと

肝に銘じました。

 

鳥取方面の地震の影響が

これ以上広がらないことを

祈るばかりです・・・

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(__)m

 

【関連記事】

鳥取で震度6弱の地震発生で電話が繋がらない!連絡を取る方法は?

 

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1