コウノドリ小松(吉田羊)は何の病気?原作との違いやネタバレも!

この記事は5分で読めます

こんにちは!ricoママです。
毎週楽しみにしている
金曜ドラマ『コウノドリ』。
 
第6話も
かなり前のめりで
見ていました(^_^;)
 
毎回流れる
赤ちゃんの出産シーンは
私の号泣ポイントなんですが(笑)
 
やはり、自分の出産の時を
思い出しますね〜
 
息子を出産する前から
 
「この子を出産した時は
私は号泣するだろうな〜」
 
なんて思っていたのですが
 
出産時の陣痛の
あまりの痛さに
 
息子がお腹から出てきた時は
 
「やっと出てきた〜」
 
と、安堵する気持ちの方が
強かったです(^_^;)
 
なので、自分の出産の時は
涙一滴も流れず(笑)
 
ドラマなどでの
出産シーンの方が
何倍も号泣しています(^_^;)
 
出産を経験した今は
他の人の出産シーンに
感情移入しちゃってます(^_^;)
 
さて、第6話のラストで
「コウノドリ」チームの
ムードメーカーでもある
吉田羊さん演じる小松さんが
 
腹痛を訴えたところで
終わっていた
ので
 
ドラマ終了後
小松さんは何の病気?」と
心配する声が
ネットに殺到しています。

スポンサードリンク


コウノドリ小松は何の病気?

第7話の予告で

小松さんが

 

子宮を全摘する

 

といった内容が

出ていたので

 

ネット上でも

小松さんの病気は

 

子宮ガン

子宮筋腫

 

など、病名を予想する声も

多く上がっていました。

 

小松さんの病気ですが

 

子宮腺筋症

 

(子宮に発生した子宮内膜症

子宮筋層が厚くなる)

 

卵巣チョコレート嚢胞

 

(卵巣に発生した子宮内膜症

卵巣に血液がたまり大きくなる)

 

との診断結果により

 

子宮と卵巣を

全て取り除く


 

ことになりました。

 

第7話の予告の段階では

小松さんが入院するシーンが

流れてなかったのですが

 

本編では

小松さんが

麻酔をかけられる直前に

 

「ちょっと待って」

 

と声をかけて

麻酔のタイミングを

遅らせていました。

 

まるで、子宮とのお別れを

しているように感じて

 

そのシーンを見ながら

涙が溢れました・・・

 

自分の中の女性の部分が

無くなるということに

 

ただでさえ

複雑な思いがあったと思います・・・

 

小松さん演じる

吉田羊さんの演技力が

本当に光った

見事なシーンでした・・・

 

ドラマでのシーンの中で

子宮筋腫で倒れるというので

思い出したのが

 

2008年に放送された

竹野内豊さん主演の

『Tomorrow』。

 

そのドラマの中で

芸人のエド・はるみさんが

看護師役で出演していたのですが

 

腹痛で倒れるシーンがあり

病名が「子宮筋腫」でした。

 

エド・はるみさんは確か

ドラマ初出演だったと

思うのですが

 

演技力が素晴らしいな〜と思って

ドラマを見ていたので

 

子宮筋腫で倒れたシーンも

リアリティがあって

感動したことを

覚えています。

 

今回、コウノドリで

小松さんが

腹痛を抱えているシーンを見て

 

エド・はるみさんのドラマのシーンが

頭の中に出てきました。

 

子宮筋腫は

女性特有の病気で

 

私の母も

子宮筋腫で

入院しました。

 

そして、私自身も

息子の妊婦健診の時に

 

「子宮筋腫がある」

 

と、診断されました。

 

その時は

「出産には影響はないけど

様子を見た方がいい」

との先生の診断だったので

 

息子を出産した後も

子宮筋腫については

特に病院でも

見てもらっていません。

 

小松さんが腹痛を訴えていたので

ドラマを見ながら

「ほんと人ごとじゃない」

と思ったので

 

近々、婦人科に行って

診てもらおうかと思います。

 

診てもらって、特に問題がなければ

それで安心できますよね(*^^*)

 

コウノドリ小松のドラマと原作の違いは?

ネットを見ていると

 

小松さんの話が

オリジナルすぎる!


 

という声が上がっていたのですが

 

私自身、原作を

読んでいなかったので(^_^;)

 

原作の中での

小松さんについて

調べてみたところ

 

原作では

小松さんが倒れるシーンは

描かれてなかったようですね。

 

【原作が気になる方はこちらもどうぞ♪】



 

今は、コミックも

電子書籍が主流になりつつ

ありますが、

 

やはり、紙のコミックの良さも

捨てがたいな〜なんて

思いますね〜

 

まあ、紙媒体の書籍が欲しい方は

少ないかもしれませんが(^_^;)

 

もし良ければ

原作コミックを

チェックしてみては

いかがでしょうか♪

 

ドラマの小松さんの話に戻りますが

おそらく、小松さん人気にあやかり

ドラマの脚本側が

小松さんのエピソードを

追加した
んでしょうね〜

 

小松さんのような

常に明るいムードメーカーの方に

 

私も息子を

取り上げてもらいたかったです・・・

 

第7話では

子宮の病気が判明し

明るく振る舞う小松さんが

予告でも流れていましたが

 

明るく振る舞う分

影では涙を流しているシーンが

描かれそうですよね。

 

そんな小松さんのギャップに

私も号泣する気

満々です(笑)

スポンサードリンク


コウノドリ小松のその後のネタバレも!

第7話の予告では

 

子供を産む選択と

産まない選択


 

という、重たいテーマが

繰り広げられるようですね。

 

江口のりこさん演じる

向井さんも出演され

 

子供がいる人生について

二人で話すようなシーンが

予告でも出ていましたね。

 

江口のりこさんはこのところ

話題の多いドラマに

引っ張りだこなので

 

来週の出演も

話題になりそうですね!

 

小松さんの

助産師という立場から

子宮を全摘するのは

本当に辛いことだなと

思うのですが

 

子供を産まない

選択をしたことで

 

助産師としての使命を

再確認するような

流れになるのでは?と

予想しています。

 

ドラマの世界ではありますが

これからも小松さんには

頑張ってもらいたいです!!

 



これから佳境を迎える

コウノドリですが

 

第6話では

松岡茉優さん演じる下屋が

 

いきなり救命に

異動していましたね〜

 

そんな簡単に

部署異動って

普通だったら

出来ないでしょうが

 

下屋が救命で

どのような成長を遂げるのかも

ドラマの終盤戦の

見どころですかね〜

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1