稀勢の里の化粧まわしの値段はいくら?新デザインや製作期間も!

この記事は4分で読めます

こんにちは!ricoママです。
3月12日に開幕する
『大相撲春場所』に向けて
連日メディアでも
報道されています!
 
17年振りの日本人横綱である
新横綱・稀勢の里の誕生で
かつての相撲ブームを
彷彿とさせるような相撲人気で
私もワクワクしています(*^^*)
 
春場所が開催される大阪は
地方場所として盛り上がることでも有名で
豪栄道や勢などの
地元出身力士への声援が
半端ないことでも話題になっています。
 
そんな春場所ですが
今回は稀勢の里への声援が
ものすごいことになりそうですね☆
 
私もできることなら
実家のある大阪に飛んでいきたい!
という気持ちもあるのですが
今回は前売りのチケットも
全て売り切れてしまったとのことなので
完全に乗り遅れました(^_^;)
 
連日行われる熱戦を
テレビで鑑賞したいと思います。
 
さて、新横綱・稀勢の里の
新しい化粧まわしが発表されました!
 
1月に新横綱に昇進した際は
初代若乃花の化粧まわしを締めて
土俵入りを披露していましたが
 
いよいよ、横綱稀勢の里の
化粧まわしが誕生したとのことで
本人も気合いが入ったのでは
ないでしょうか。
 
稀勢の里の新しい化粧まわしについて
情報をまとめてみたいと思います。
 
【関連記事】
稀勢の里春巡業全休でけがの症状は?5月場所の出場についても!
 
稀勢の里の横にいた女性は誰?横綱昇進後の結婚についても!
 

稀勢の里の化粧まわしの値段はいくら?

稀勢の里の化粧まわしの値段ですが

横綱の化粧まわしは

横綱本人のものと、太刀持ち、露払いの

三つぞろいのものになります。

 

新しい化粧まわしの値段がいくらなのか

調べてみましたが

正確な値段については

情報はありませんでした。

 

参考までに

化粧まわしの値段を調べていると

1本おおよそ100万円以上は

するとのことですが

中には300万円ほどの

高価な化粧まわしもあります。

 

今回の稀勢の里の化粧まわしですが

稀勢の里が所属する

「田子ノ浦部屋」の後援会から

送られたものですが

 

新横綱誕生のお祝いも込めた

化粧まわしになるので

1本150万円〜200万円あたりで

3つぞろえで500万円〜600万円あたり

ではないかと予想してみました。

 

新しい化粧まわしを締めての

横綱稀勢の里の土俵入り

そして、新横綱の活躍が

楽しみですね(*^^*)

 

稀勢の里の化粧まわしの新デザインは?

稀勢の里の化粧まわしの

新しいデザインですが

黒地に白の鶴と赤富士山をあしらった

シンプルなデザイン
ですが

師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)の

現役時代のしこ名にちなんで

羽ばたく鶴が描かれ

「日本一の富士山を超える

横綱になってほしい」との思いが

込められているとのこと。

 

稀勢の里の横綱昇進の際に

稀勢の里は先代の親方である

鳴門親方への感謝を

事あるごとに語っていました。

 

今の田子ノ浦親方とは

いわゆる兄弟子との関係で

今の稀勢の里があるのも

鳴門親方から受けた

厳しい稽古の賜物であることを

稀勢の里自身も語っています。

 

田子ノ浦部屋の後援会から送られた

新しい化粧まわしは

田子ノ浦親方にまつわるデザインなので

 

私自身、正直なところ

化粧まわしを送られた

稀勢の里の心中を心配したのですが

 

今の親方をしっかり立てて欲しいという

後援会の思いも込められて

いるのかもしれませんね。

 

新しい化粧まわしのごとく

富士をも超える勢いで

新横綱として未来の相撲界に

名をはせる大横綱に

なってもらいたいですね☆

 

【追記です】

稀勢の里の化粧まわしですが

先日の横綱昇進祝賀会の席上で

新しい化粧まわしが発表されました。

 

そのデザインとは

人気漫画『北斗の拳』をモチーフにした

斬新なデザインで

稀勢の里は「ラオウ」の化粧まわしを

装着します。

 


 

5月14日から開催される

大相撲5月場所で

こちらの北斗の拳の化粧まわしを締めて

土俵入りをすることになるので

5月場所の開催が楽しみです☆

スポンサードリンク


稀勢の里の化粧まわしの製作期間についても!

稀勢の里の化粧まわしを見ていて

「完成するのにどのくらいの

時間がかかったのだろう」と

率直に思ったのですが

 

化粧まわしはどのくらいの期間で

作られるのでしょうか。

 

化粧まわしの製作期間について

調べてみると

通常は2ヶ月ほどが目安とのこと。

 

化粧まわしの製作工程について

以下のブログに

詳細な情報が出ていました。

 

化粧まわしの製作工程について

 

デザインが決まってから

何工程も重ねながらの作業に

気が遠くなるような

錯覚を覚えますが(^_^;)

 

化粧まわしはある意味

力士の顔といっても

過言ではないので

 

どの化粧まわしにも

送る側の思いと職人の思いが合わさり

色鮮やかな化粧まわしが

誕生していることを

ひしひしと感じました。

 

私も土俵入りの際には

化粧まわしには様々な思いが

込められていることを忘れずに

今まで以上に注目したいと思います。

 

大相撲春場所では

新横綱・稀勢の里の優勝の行方に

注目が集まっていますが

横綱に昇進の前には

メンタル面の弱さも指摘された

稀勢の里。

 

注目を浴びる場所では

力を発揮することができず

過去に幾度となく

横綱昇進のチャンスを逃してきました。

 

しかし、先場所の千秋楽では

横綱白鵬の決死のがぶり寄りを

土俵際でしっかり残し

見事に白鵬をさばき

初優勝を成し遂げました。

 

その千秋楽での相撲が評価され

満場一致で

稀勢の里の横綱昇進が決まりました。

 

私の稀勢の里のこの一番を見て

「この相撲なら文句なしだな」と

納得しました。

 

稀勢の里が横綱になって初めての本場所。

今まで心配されていたメンタル面も

克服したかのように見えますが

本当の実力が試されるのは

横綱になった今場所以降です。

 

特に新横綱として迎える今場所は

負けることすら許されないといった

今までにないようなプレッシャーの中で

15日間を戦わなければなりません。

 

新横綱としての初陣を

優勝で飾ることができるのか

稀勢の里の相撲に

期待したいと思います☆

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

 

【関連記事】

稀勢の里5月場所休場の理由は?けがの状態や優勝の行方についても!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1