萱和磨(体操)の中学高校や彼女は?身長や卒業後の進路についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
今日は朝からお天気で
日差しが出ていたので
張り切って洗濯物を
干したのですが
 
午後から曇り空・・・
 
干した洗濯物も
そのまま部屋干しに
なりそうです・・・
 
最近、我が家の空気清浄機の
押しボタンが効かなくなってしまい
加湿機能が使えなく
なってしまいました・・・
 
そのため、暖房の効いた部屋が
カラッカラに乾燥しています・・・
 
部屋の乾燥を防ぐという意味でも
洗濯物の部屋干しが
有効なのですが
洗濯物はやはり
お日様の日差しで
カラッと乾かしたいですよね☆
 
さて、12月25日の
『ミライモンスター』に
体操の萱和磨(かや・かずま)選手が
出場されます。
 
男子の体操といえば
今年のリオデジャネイロオリンピックで
団体で金メダル獲得!
 
個人総合でも
内村航平選手が金メダル
 
種目別の跳馬でも
白井健三選手が銅メダルを
獲得しました!
 
萱和磨選手は現在20歳で
順天堂大学の2年生です。
 
4年後の東京オリンピックでは
24歳と、アスリートとして
年齢的にもピークを迎えます。
 
同年代の白井健三選手と共に
体操ニッポンに
金メダルをもたらすことができるか
注目が集まっています。
 
そんな萱和磨選手について
調べてみました。

スポンサードリンク


萱和磨の出身中学・高校は?

萱和磨選手の出身校ですが

地元である千葉県の

■幕張西中学校

■習志野高校

になります。

 

習志野高校出身の有名人を

調べてみると、

サッカーの名門校ということで

 

■玉田圭司・・・プロサッカー選手、2010FIFAワールドカップ日本代表

■四方田修平・・・コンサドーレ札幌監督

など、多くのサッカー選手を

輩出しています。

 

多くの先輩たちに続いて

萱和磨選手も

母校に錦を飾る存在になる日も

そう遠くはないですよね!

 

萱和磨選手は彼女はいるの?

萱和磨選手の彼女情報ですが

確たる情報は得られませんでした。

 

日本を代表する体操選手として

名前も浸透してきているので

彼女がいてもおかしくないよな〜と

思っていますが

 

毎日のように練習漬けの

日々を過ごしているので

彼女がいたとしても

なかなかプライベートの時間を

確保するのも

難しいですよね〜

 

萱和磨の身長は?

萱和磨選手の身長ですが

162cm

になります。

 

ちなみに、

内村航平選手と白井健三選手の

身長も調べてみたところ

お二人とも

161cmでした。

 

体操選手は小さい頃から

筋肉を鍛えているので

小柄の方が多いですよね。

 

体操のオリンピック選手では

田中佑典選手が166cmと

日本人選手の中では

大きい方ですが

 

海外の選手だと

もっと大きい選手もいます。

 

以下のサイトに

背の高い体操選手が

まとめられています。

 

体操選手に背の高い人はいるの?

 

180cmを超える

大型の選手もいるとのことですが

床や鉄棒など

動作が大きい競技では

大型選手のダイナミックな演技に

拍手喝さいですよね⭐︎

 

私も昔から体操競技が好きで

体操の大会などは

テレビで良くみるのですが

実際に会場で見たことは

ありません。

 

ぜひ一度、生で体操の大会を

見てみたいと思います!

スポンサードリンク


萱和磨の卒業後の進路についても!

萱和磨選手の卒業後の進路ですが

現在のところは

情報はありませんでした。

 

順天堂大学の学生の

卒業後の進路を見てみると

実業団に入る選手が

多いようです。

 

体操部のある実業団というと

・朝日生命

・KONAMI 体操競技部

・セントラルスポーツ

・相好体操クラブ

・徳洲会体操クラブ

・日体スワロー

になります。

 

リオオリンピックに出場した

体操選手の所属先を見てみると

<コナミスポーツクラブ>

・内村航平

・加藤凌平

・山室光史

・田中佑典

 

<日体大>

・白井健三

 

と、全員がコナミスポーツクラブに

所属しています。

 

萱選手も、白井選手も

大学卒業後は

コナミスポーツクラブに入る

可能性が高そうですね!

 




萱和磨選手について

調べてきましたが

今回のミライモンスターの放送では

白井健三選手率いる日体大から

王者奪還を狙えるか!ということで

萱和磨選手にスポットが

当たる内容になっています。

 

4年後の東京オリンピックを

率いるであろう

萱選手と白井選手。

 

東京オリンピックでの

金メダル獲得に向けて

お互いライバルとして

切磋琢磨しながら

力をつけていってもらいたいと

思います⭐︎

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1