廣瀬隆喜(ボッチャ)のプロフィールは?競技のルールについても!

この記事は2分で読めます

ボッチャの日本チームが「銀メダル以上獲得!」

とのニュース速報が出ました!!

ボッチャというと、日本ではまだ馴染みが

薄い印象がありますが、

日本のボッチャを引っ張るエース的存在が

「廣瀬隆喜(ひろせ・たかゆき)」選手です。

 

廣瀬選手のプロフィールや経歴、

また、ボッチャとはどういう競技なのかを

ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

廣瀬選手のプロフィールは?

廣瀬隆喜選手のプロフィールですが

1984年8月31日生まれで、今年で32歳です。

千葉県君津市の出身で、

「アルムの森ペーターの丘」に所属しています。

 

廣瀬選手は、先天性の脳性麻痺による

四肢体幹機能障害で、車いすでの生活を送ってます。

養護学校の高等部3年までは、車いす陸上競技を

起こっており、2年生の時には60メートルで

千葉県記録を出して優勝したこともあるそうです。

 

2002年からボッチャを始め、その年の千葉県ボッチャ

大会で見事優勝したそうです!

その時の優勝を皮切りに、全日本選手権で優勝の常連と

なるなど、日本のボッチャ競技になくてはならない

存在となっていきました。

 

高校生の時まで、車いす陸上競技をされていた

からか、ボッチャに転向されてからすぐさま結果を

出されるなんて、本当にすごいですね!!

「ボッチャの申子」と言っても過言ではない廣瀬選手。

持って生まれたの勝負勘の強さが桁外れですよね!

 

スポンサードリンク


 

「ボッチャ」のルールとは?

正直、ボッチャに対して馴染みが無かった筆者

でしたので、ボッチャとはどういう競技なのか

どんなルールなのかを調べてみました。

 

ボッチャのルールですが、簡単にいうと

『ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、

赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、

他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技』

とのことでした。

 

的となるボールからの距離を競うという観点から

見ると、冬季オリンピックでも有名な

「カーリング」と少し似ている印象を受けました。

 

掌に乗るほどのボールを、ジャックボールめがけて

投げるなんて、頭脳プレーが要求される競技ですよね。

なおかつ、いかに集中力を切らさないようにするかなど

奥が深い競技だなと実感しました(^_^;)

 

ボッチャのチーム戦が終わると、引き続き

個人戦も開催されます。

コート内での頭脳戦であるボッチャに

ますます目が離せませんね!

個人戦の熱戦も心待ちにしたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうござました(*^^*)

 

スポンサードリンク


 


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1