衆議院選挙2017台風直撃で当日の投票率は?投票延期の可能性も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!ricoママです。
ここ2、3日で
気温が急激に下がったりして
我が家の息子も
見事に風邪を引きました・・・
 
普段は、毎日のように
「今日は幼稚園を休む」と言って
幼稚園に行くのを渋る息子ですが
 
私も家事をやらないといけないので
ずっと息子の相手を
するわけにもいかず・・・
 
「家にいてもつまんない」と
愚痴をこぼすようになり
そんな息子の姿が
かわいそうになってきました(^_^;)
 
息子は夜中に咳き込み
鼻水と痰が絡んで
苦しそうにしているのですが
 
今朝は少し微熱も出てしまい
明日ももう一日
幼稚園をお休みすることに
なりそうです・・・
 
一番近くにいる私自身が
息子から風邪菌を貰わないように
気をつけないとですね・・・
 
さて、降って湧いたように
衆議院が解散になり
今回の衆議院選挙は
連日のように
短期決戦の様子が
ニュースで報道されています。
 
各党首の訴えなども
ニュースで流れていますが
 
季節外れの台風21号の接近で
投票日を迎える10月22日に
台風直撃の恐れも
出てきた
とのことで
天気予報をはじめ
注意を呼びかけています。
 
今回の衆議院選挙は
当初、自民党、公明党の与党と
小池百合子氏率いる希望の党が
激しく争うのでは?と
予想されていましたが
 
選挙戦終盤になって
枝野氏率いる立憲民主党が
破竹の勢いを伸ばしてきており
選挙戦の当日まで
情勢が見えない状況にあります。
 
その選挙戦の戦いを
阻むかのように
台風21号が近づいてきており
当日の投票率など
各メディアが注目しています。
 
衆議院選挙2017の当日の投票率について
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


衆議院選挙2017の当日の投票率は?

今回の衆議院選挙ですが

台風21号が近づいてきていることもあり

当日は悪天候の模様。

 

現時点では

22日の当日には

沖縄本島や鹿児島の奄美地方などが

暴風域に入る恐れがある
とのことで

警戒が強まっています。

 

一般的に、極端な悪天候の時は

選挙の投票率が下がると言われており

今回の選挙でも

このまま台風の影響を受けるとなると

投票率が下がる恐れがあります。

 

東京で過去最低の投票率を記録した昭和54年の衆院選(投票率53.19%)は、今回と同じように10月に台風が接近する中で行われました。東京では総雨量が100ミリ前後に達する荒れた天気になり、それが低い投票率の一因と見られています。

そして、前回3年前の平成26年12月の衆院選。この時は、強い寒気の影響で日本海側を中心に雪が降り、全国平均の投票率は戦後最低を記録しました。冷え込みが強まった東京でも、過去2番目に低い投票率(54.36%)になりました。

引用:NHK NEWS WEB
 
ニュースサイトによると
過去に投票率が低かった選挙は
悪天候の為に投票率が下がったと
情報が出ています。
 
今回、台風直撃となると
当日の投票率も
50%前半あたりの投票率ではないかと
予想しています。
 
投票日当日の投票率については
随時更新していきます!
 

衆議院選挙が台風直撃で投票延期の可能性は?

今回の衆議院選挙ですが

台風直撃になる恐れもあるとのことで

一部の自治体では

投票日を前倒しにする
など

対応に追われています。

 

また、離島の地域でも

投票箱を早めに届けるように

手配しており

島を結ぶ定期船が

欠航になった場合は

民間の漁船に届けてもらったり

 

船が出せないほどの大シケの時は

海上保安庁の船や

自衛隊のヘリコプターで運んでもらうことも

検討しているということ。

 

離島の地域は

投票箱の回収にも

時間がかかるので

投票日の前倒しとなると

全ての予定を見直したりと

各自治体にも影響が出て

大変ですよね・・・

 

投票箱の回収も

無事故で行われるよう

祈るばかりです・・・

 

そして、ネットを見ていると

「投票日に台風が来たら

選挙どころではない。

投票日の延期などがあるのか」

という声が上がっていました。

 

過去に、昭和49年に行われた

参議院選挙では

台風のため三重県内の2つの自治体で

投票が7日間延期されたケースがあり

もし今回の選挙で

投票延期が実施されるとなると

43年ぶりのこととなります。

 

投票が1週間延期するとなると

立候補している方々も

疲労困憊といったところでしょうか。

 

ただでさえ、今回の選挙は

急に決まったことなので

各自治体で予定されていたイベントなども

急きょ中止になったところもあるとのこと。

 

投票日の延期が実施されると

各自治体の負担も

かなり増えることになると思われるので

延期は避けたいところですが

 

国民が安全に投票できる環境を

整えることも大事なことなので

台風の影響が極力出ないことを

願わずにはいられません。

スポンサードリンク


まとめ

衆議院選挙2017の

当日の投票率について

まとめて来ましたが

 

台風を心配する声も上がり

ツイッターを見ていても

「期日前投票に行く」という声が

多数上がっています。

 

昔に比べて、期日前投票に

行きやすい環境ではありますが

「選挙は当日に行く」という方も

多いのではないでしょうか。

 

ただ、今回の選挙では

当日は全国的に

大荒れにある予報も出ており

特にご高齢の方など

早めに期日前投票をされた方が

良いのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【自己紹介】

こんにちは!
ricoママと申します。
埼玉県在住で、一人息子の子育てに奮闘中です。
日常の気になる話題を
追っかけています。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

UA-89894003-1