阿蘇山噴火の原因は?過去の歴史と降灰の影響についても!

この記事は2分で読めます

10月8日、午前1時46分頃に

阿蘇山で爆発的噴火が起こり

火口から概ね2キロの範囲では

「噴火警戒レベル3(入山規制)

が敷かれています。

 

現在、阿蘇山では何が起こっているのか?

原因や過去の噴火の歴史、

降灰の影響などを調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

今回の阿蘇山噴火の原因とは?

10月8日未明に噴火した

阿蘇山噴火の原因とは

何だったのでしょうか?

 

今回の阿蘇山の爆発的噴火が

発生したのは

昭和55年1月26日以来

36年振りとのことです。

 

熊本といえば、今年2016年4月に

「熊本地震」が発生しました。

 

その地震との関連で

噴火が発生したのでは?と

予測したのですが

今回の大規模噴火の直接的な原因は

まだ明らかになっていません。

 

今後の気象庁からの発表を

待ちたいと思います。

 

阿蘇山噴火の歴史とは?

先ほど、36年前にも

大規模噴火が起こったと記載しましたが

それ以前にも、阿蘇山では

大規模噴火は起こったのでしょうか?

 

阿蘇山噴火の史上によると

過去600年程の間に

大規模噴火が数回確認されており

死傷者も複数人出ているとのことです。

 

阿蘇山では、有名なカルデラ地域が広がり

筆者も以前、修学旅行で

阿蘇のカルデラを訪問しました。

 

見渡す限りの平原が広がり

大自然にとにかく感動したことを

覚えています。

 

2016年4月に発生した

熊本地震の影響もあり

熊本の人々の心休まる時が

片時もないことに

本当に心が痛みます・・・

 

震災の復興が一日も早く進むよう

そして、今回の大規模噴火が一刻も早く

治まるよう、祈るばかりです・・・

 

スポンサードリンク


 

阿蘇山噴火の降灰の影響とは?

今朝のニュースで

未明に発生した大規模噴火による降灰が

大分県や愛媛県松山市でも

観測されたと報じられました。

 

また、今後の影響として

熊本県から兵庫県南あわじ市までの

範囲で、少量の灰が降るとの予想があり

対象市町村は過去最多の124自治体と

なるとのことで発表がありました。

 

筆者は現在、広島在住で

過去にも火山灰などの降灰は

経験したことがありません。

 

今朝のニュースでも

熊本での降灰の様子が流れていましたが

車は灰で真っ黒になり

地面にも3センチほど灰が積もっていました。

 

今後、西日本各地で

阿蘇山噴火の降灰が予想されるので

不用意な外出は控えた方が

良さそうですね。

 

今後の大規模噴火、降灰の情報には

最新の情報を確認したいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

UA-89894003-1